館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

マスタング レストア

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダー修復5

こんにちは。 損傷の激しいデッキショルダーのウエザーストリップがはまる溝を修復する。 これは下の部分。画面右の腐食で欠けた部分にパッチを溶接。 こういう時のパッチは欠け部分より少し大きめに作っておかないと溶接熱で溶けて肉が足りなくなるので注意…

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダー修復4

こんにちは。 やっとか目のレストア記事です。美術館の仕事が忙しくてやってられない。(´;ω;`) 前回、といっても1月12日の記事の続きです。 傷んだオリジナルのデッキショルダーを傷んだところ付近でカットします。 手で持っている方を使う。 製作したパ…

ステアリングホイール・レストレーション2 蘇ったハンドル

こんにちは。 話はうんと飛ぶが、注文していたステアリングホイールが届いた。 実に半年もかかったのだ。もしかして騙されて送ったオリジナルのステアリングホイールとレストア代金を盗られてしまったのではないかと心配したものだ。 レストア代金は送料含め…

ステアリングホイール・レストレーション1

こんにちは。 レストアラーにとってステアリングホイール(ハンドル)は特別な思いがある。 船舶で言えば操舵輪だ。 マスタングをきれいにして乗っているオーナーはたくさんいるが、ステアリングホイールをきれいなオリジナルのままにしているオーナーさんは少…

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダー修復3

こんにちは。 車のレストアに興味のない人から見れば全く面白くない記事だと思いますが、こんな記事でも読んでくださる読者の方がいらっしゃるので今日も書きます。 デッキ(トランク)のウエザーストリップが入る溝。こういう曲面のある複雑な立体形状は製作…

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダー修復2

こんにちは。 傷んだオリジナルのデッキショルダーを切り刻む前に元の形を正確に記録しておかねばならない。立体的にだ。 ベニヤと角材を使って形状を立体的に再現できるような型を作る。 完璧に形状を捉えるのは困難なため、部分的にできた隙間はこうして写…

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダー修復1

こんにちは。 デッキショルダーの寸法型取りをしたところでいよいよパーツの製作に入る。 まずは横壁の部分を1ミリ鉄板をたたいて曲げていく。 曲げ型に使うのはアーチ形にカットした9ミリ鉄板。これを2枚作って1ミリ鉄板を挟み、ソフトハンマーで少しず…

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダー型取り

こんにちは。 デッキショルダーの形状は非常に複雑だ。鉄板を一からたたき出して作るなど到底できるものではない。 左側もそうだったが、いくつかのパーツに分けて一つずつ修復していく。 まずは型取りだ。 型取り器でできるだけ沢山の型を取る。写真はその…

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダーの取り外し

こんにちは。 右デッキショルダーを取り外す。 これを取り外すとインナークォーターとテールパネルとの縁が切れるため、寸法を失わないようにフラットバーを溶接してお互いを固定しておく。 Q/Pエクステンションブラケットとの接続面は御覧の通り錆だらけ。 …

1971 マスタングマッハ1 右ビームジョイント

こんにちは。 外した右ビームジョイント。錆がひどいのは鉄板同士の合わせ面だ。 裏側。 複雑な局面だ。 サンドブラストで錆を除去。クレーター状になった錆の跡とスポット外し穴が痛々しい。 裏面。 修復前に傷んだところの曲面を型取りしておく。 サンドブ…

1971 マスタングマッハ1 右ビームジョイント取り外し

こんにちは。 久しぶりのレストア記事です。 前回右クォーターパネルEX (エクステンション) を取り外したので、今回ビームジョイントを取り外す。 ビームジョイントとは僕が勝手につけた部品名なのだが、リヤガラスのすぐ後ろにある左右のクォーターパネルを…

1971 マスタングマッハ1 右デッキショルダーの型づくり

こんにちは。 クォーターパネルEX(エクステンション)の取り外しが終わったらデッキショルダーの修復に入る。そのためにはデッキショルダーを取り外さねばならないので、修復後、元通りの位置に復元するために位置決めのための型を作る。 型は紙ではなく薄ベ…

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネルEX 取り外し

こんにちは。 デッキリッドサポートの修復が終わったところで右クォーターパネル修復の続きに戻る。 今回はクォーターパネルエクステンション(EX)の取り外しだ。 絶対内部はさびている。寸法上は取り外さなくてもクォーターパネルは交換できるが、ここまでや…

1971 マスタングマッハ1 デッキリッドサポート修復3

こんにちは。 きょうのラグビーワールドカップ日本×南アの試合、残念でしたね。強豪ですからね。 でも、もしかしたらという期待はありました。 さて、記事の内容があまり飛ぶとわかりにくくなるので3日続けてレストア記事を書いちゃいます。 錆で欠落した左…

1971 マスタングマッハ1 デッキリッドサポート修復2

こんにちは。 二日続けてのレストア記事です。 今回はデッキリッドサポートの折り曲げ部の修復。ここはテールパネルの上部に溶接される部分だ。 これは友人のマッハ1の同一箇所。 この部分のパッチを作る。モデルは現存する右側部分だ。 まずは右側に合わせ…

1971 マスタングマッハ1 デッキリッドサポート修復1

こんにちは。 やっとか目のレストア記事です。10月11日の記事の続きです。 デッキリッドサポートをテールパネルから外したところ。 御覧の通り、右上の折り曲げ部が欠損したまま溶接されていた。また、左側に伸びる脚2本の長さが短い。 このパーツ、レ…

1971 マスタングマッハ1 デッキリッドサポート

こんにちは。 しばらくぶりのマスタングレストア記事だ。 まだ右クォーターパネル交換作業の途中だが、傷んでいるデッキリッドサポートの修復を行う。 テールパネルは新品に交換するつもりなので早かれ遅かれサポートは取り外さねばならない。 これが僕のマ…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルEX修正

こんにちは。 久々のレストア記事です。 今回はクォーターパネルエクステンションの修正、というか追加工だ。 レプロのEXにはプレスのラインが無い。(写真右上の部分) オリジナルには下の写真左にあるような¬の字のプレスラインと穴がある。 これをオリジ…

ジンクスプレー比較 抵抗値

こんにちは。 ジンクスプレーが十分乾燥したところで抵抗値を測ってみる。 まず、ジンク92%。抵抗値は2Ω(オーム)。乾燥時塗膜中の亜鉛含有率が92%と高く、抵抗値も小さい。 続いて83%は抵抗値が約100Ωと導電性はあるものの抵抗値は高い。 最後…

ジンクスプレー比較

こんにちは。 車のレストアで避けて通れないのが鉄板の溶接だ。 ところがこの溶接、厄介な問題がいくつかある。その一つが錆対策だ。 溶接は1000度を超える熱で鉄板を熔かし結合する。ところがこの熱に耐えられる塗料は存在しない。だから溶接部は鉄板が焼け…

エアクリーナーの塗装2

こんにちは。 プラサフを塗ったエアクリーナーを600番のペーパーでざっと水研ぎし、シリコンリムーバーで脱脂、ロックエースで調色したフォードブルーを塗る。 全塗装の練習のつもりで吹く。塗料の出かたを多めに素早く塗るのがコツみたい。 ガンさばきが…

エアクリーナーの塗装1

こんにちは。 今回は友人から頂いたエアクリーナーを綺麗に塗装してみよう。 いただいたときは黄色だった。 しかもこの黄色、どうやらラッカースプレーだ。黄色の塗料はガソリンや排気ガスに侵されてどろどろ状態。エアエレメントに塗料が移ってしまっている…

色見本を作る ダークグリーンマイカ

こんにちは。 最近カミさんがマスタングのボデーカラーに関心を持ってくれるようになった。 うちのステンド教室の生徒さんがトヨタソアラーのダークグリーンメタリックに乗っていて、カミさんがダークグリーンがいいと言い出した。 ただし、ソアラーのそれは…

色見本を作る ベースを作る

こんにちは。 マッハ1の全塗装はまだまだ先だが、心当たりの業者をあたる。 ところがどの塗装屋にもことごとく断られる。 「やっとれん」のだそうだ。仮に受けても何か月も先になるという。 見ればどの塗装屋も修理待ちの車でいっぱいだ。 なじみの塗装工に…

1971 マスタングマッハ1 リヤフレームの修正

こんにちは。 前回のリヤクロスメンバー交換時には気づかなかったリヤフレームの狂いを修正する。 修正点は二つ。一つはリヤフレーム間の距離。数ミリ大きい。 二つ目はリーフスプリングを取り付けるシャックル穴の傾きだ。 これは右リヤフレームとリヤクロ…

1971 マスタングマッハ1 リヤフレームの修正とクランプの改造

こんにちは。 前回修正したリヤクロスメンバーをジンク(亜鉛)スプレーで塗装する。錆防止だ。 オリジナルの鉄板はレプロよりも薄いが亜鉛鋼板で錆びにくくなっている。 ジンクの次はプラサフ。 リヤクロスメンバーをリヤフレームとテールパネルの間に取り付…

1971 マスタングマッハ1 リヤクロスメンバーの修正

こんにちは。 取り外したリヤクロスメンバー。スポットを外す際に変形したフランジ面を修正する。 右リヤフレームとの接続部。ゆがんだフランジに当て金としてSS41のフラットバーを当てる。 ハンマーで叩いてフラットにする。 同じく左側。 叩いて平らにする…

1971 マスタングマッハ1 リヤクロスメンバー取り外し

こんにちは。 リヤフレームのねじりを修正するためには一旦リヤクロスメンバーを取り外さねばならない。 リヤフレームとリヤクロスメンバーの溶接部をスポットカッターで切り離す。 一度レプロに交換したものを再び取り外すのは気が進まないが仕方ない。 取…

1971 マスタングマッハ1 リヤフレームの修正

こんにちは。 ここへ来てリヤフレームが傾いていることが分かった。 以前、リヤクロスメンバーをレプロに交換した時にはそこまでの知識が無く、気付かなかったのだ。 どういうことかというと、リヤフレームにはリヤサスペンションのリーフスプリングを固定す…

フロアライトLED

こんにちは。 マスタングのレストア作業の合間にLEDランプを作っている。 今回は足元ライトだ。 使うのはテープLEDと真鍮管、そしてプリント基板だ。 銅びきのプリント基板を12ミリ幅に切って15ミリ径の真鍮管に差し込みエポキシパテで固定した。 陽極は…