館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

マスタング レストア

1971 マスタングマッハ1 左クォーター室内側塗装

こんにちは。 左クォーター室内側の塗装剥がし、「必殺錆封じ」を塗ったら下塗りのプラサフを塗る。が、その前に鉄板の接合部分にシーラーを塗る。 ありとあらゆる接合部に塗る。これを怠ると水分が入って接合部から錆びていく。 白はスリーエムのシーラー、…

1971 マスタングマッハ1 左クオーターパネル取付け準備1

こんにちは。 クォーターパネルを取り付ける前の準備が沢山ある。今回は溶接準備だ。 スポット溶接は2枚の鉄板を重ね合わせて電極チップで挟んで大電流を流して溶接するのだがチップの当たる部分の塗装は剥がしておかねばならない。通電するために当然と言…

1971 マスタングマッハ1 左クオーター内のデッドニング

こんにちは。 デッドニングとは防音、制振のことだ。 鉄板などの薄板ものに制震材を塗ったり貼りつけたりして叩いたときなどに出る残響音を低減するものでどんな車にも施工してある。 これが無いと車体の騒音が大きくなり、ボデーも薄っぺらな感じの音になる…

1971 マスタングマッハ1 左ロッカーパネル内シーラー塗布

こんにちは。 この年代のマスタングは錆びやすい車種だ。特にトランク内とリヤホイルハウス周りはたいていの個体が腐食している。 中でもロッカーパネル最後尾とホイルハウスの溶接面は雨水が入りやすく、ここが無事な車はまず無いだろう。 今回はこの溶接面…

左クォーターパネルの内側塗装

こんにちは。 ダイナコーン製右クォーターパネル取付け前に内側を塗装しておく。 その前にラジオアンテナの取付け穴を明ける。アメリカ本国のマスタングは右フェンダーにアンテナが付いているが、日本に正規輸入されたマスタングは左クォーターパネルに付い…

クォーターウインドウ補強板 塗装と溶接

こんにちは。 クォーターウインドウの補強板をハンダメッキした後は溶接部にスポットジンクを塗り、その後プラサフ、さらに組立時に金属とこすれる部分にはPOR15ブラックを塗る。 POR15は下地との密着はイマイチだが、いったん硬化するとツルツルでカチカチ…

塗装ブースの張替え

こんにちは。 塗装ブースの養生シートを張り替える。2年3か月ぶりのことだ。 くたびれたマスカーを剥がす。たくさん塗装をしたわけではないのだが、ブース内が汚れ、マスカーがあちこち剥がれたり隙間風が入るようになり、今後の塗装に悪影響を及ぼす恐れ…

クォーターウインドウ補強板 ハンダメッキ

こんにちは。 錆だらけだったクォーターウインドウの補強板をインナークォーターから取り外し、サンドブラストで錆取りをした後ワイヤーサンダーでさらに表面を磨く。 磨いた状態。錆で無数のクレーターができている。 パーツ番号も見える。 ハンダ付けをす…

1971 マスタングマッハ1 左クォーターパネル下塗り塗装

こんにちは。 左クォーターパネルの取付け準備が出来てきたので内側の塗装をする。オリジナルでは塗装されていない面だ。 レプロに元々されている黒塗装をサンダーで全て剥がす。レプロの錆止め塗装を僕は信用していない。以前黒塗装を剥がしたら錆面が現れ…

1971 マスタングマッハ1 クォーターEXの溶接

こんにちは。 クォーターEXはリヤビームとインナークォーター、テールライトパネルを連結し、強度を稼ぐ重要な部品だ。 今回は強度の高いプラグ溶接と仕上がりの美しいスポット溶接の両方を使う。 プラグ溶接はオリジナルのスポット位置と同じ場所で行う。…

1971 マスタングマッハ1 クォーターEX溶接準備

こんにちは。 前回でクォーターEX(エクステンション)のフィッティングが確認できた。次に溶接準備にかかる。 プラサフ仕上げだったEXに上塗り塗装をし、その上で溶接部の塗装を剥がす。 ここは再びスポット溶接をするつもりなので、スポットカッターで明…

溶接チップを作る

こんにちは。 クオーターパネルEXを取り付ける前にスポット溶接のチップを作る。 クォーターパネルの背中の部分はカーブしていて手持ちのチップでは対応できない。もし不適格なチップを使用すると、チップがクォーターパネルやインナークォーターに触れて…

1971 マスタングマッハ1 クォーターEXフィッティング

こんにちは。 クォーターEX(エクステンション)のフィッティングを行う。 クォーターEXとはクォーターのファストバック(リヤの斜めの部分)の内側にあって、インナークォーターとテールライトパネルを連結する大事なパーツだ。 実際にクォーターパネルを組…

1971 マスタングマッハ1 POR15の補強

こんにちは。 今回は左クォーターパネル取付け前にクォーターパネルとインナークォーターの触れ合う部分にPOR15を塗る。補強のためだ。 クォーターパネルを取り付けるためには弾性変形をさせないと取り付けられない。つまりクォーターパネルを反らせたり縮め…

1971 マスタングマッハ1 リヤビーム塗装1

こんにちは。 連日の高温多湿で以前サンドブラストで錆取りしたリヤビーム(リヤウインドウのすぐ後ろの梁、左右のクォーターをつないでいる)が錆び始めているのが分かった。 錆取りした後、さっさと塗装しないからこういうことになるのだ。仕方ない。もう一…

1971 マスタングマッハ1 インナークォーター塗装

こんにちは。 クォーターパネルエクステンションが取り付いたところでスポット溶接跡を塗装する。使う塗料はパワー防錆プラサフ。 オリジナルは無塗装なので、ここから先はオリジナル以上の防錆処理だ。 ボデーカラーと同じウインブルドンホワイトの上塗り塗…

1971 マスタングマッハ1 左クォーターパネルエクステンション交換3

こんにちは。 左クォーターパネルエクステンションの交換準備が整った。何度も関係寸法を確認した。やり直しは避けたい。 いよいよ溶接というときは緊張するしワクワクもする。 溶接は100%成功するわけではない。アースの接触が不十分だったり一方の鉄板…

1971 マスタングマッハ1 左クォーターパネルエクステンション交換2

こんにちは。 クォーターパネルエクステンションを取り付ける前にやっておきたいことがある。 一つ目はエクステンションを仮固定するときにエクステンションの塗装に傷を付けないようにテールパネルにメタルラップスプレーを塗っておく。 鉄板に直接固定する…

1971 マスタングマッハ1 左クォーターパネルエクステンション交換1

こんにちは。 クォーターパネルの最後尾、テールパネルとの接続部分のパーツをクォーターパネルエクステンションという。同じ名前でも部位の違うエクステンションがいろいろある。 今回交換するのがこちらのパーツ。テールパネルにプラグ溶接されていて、過…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルのジョイント部溶接

こんにちは。 前回、リヤウインドウビームを連結した。今回はクォーターパネルのジョイント部を溶接する。 ジョイント部は元々クォーターパネルの一部なのだが、ここはリヤウインドウビームとエクステンション、クォーターパネルエクステンションなど4つの…

1971 マスタングマッハ1 リヤビームEX付け直し

こんにちは。 結局、溶接をし直すことにした。オリジナルがどうであったにせよ、後々の不安要因は出来るだけ排除しておきたいのだ。 せっかく綺麗に仕上げたプラグ溶接だが、スポットカッターで再び離す。 僕の中では勇気の要る事だが答えが明確な以上前に進…

1971 マスタングマッハ1 リヤビームEX溶接

こんにちは。 現在は左右のクォーターパネルを繋ぐビームジョイントが接続されていない。錆取りと塗装のために取り外してあったからだ。 写真はリヤウインドウのすぐ後ろを上から見たところだ。下にあるのが左クォーターパネル。上がビームだ。 青っぽく焼け…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの溶接穴割り出し

こんにちは。 まだまだクォーターパネルの取付け前にやらねばならないことが山ほどある。 今回はスポット溶接穴位置の割り出しだ。 オリジナルのスポット溶接位置を透明塩ビシートを使って写し取る。オリジナル以外の位置で溶接すると裏面が錆びていたり薄く…

1971 マスタングマッハ1 左ホイルハウスブラスト

こんにちは。 左クォーターパネルの形状修正が完了したので取付け準備に入る。 左ホイルハウスの修復が終わり、錆防止のプラサフを吹くために錆取りを行う。 実はホイルハウス内はクォーターパネル取り外しの際、塗装を剥がし、鉄板の地肌を露出させてから錆…

1971 マスタングマッハ1 クォーターポスト内錆穴修理2

こんにちは。 まずは最初のパッチを溶接する。グレーの部分はスポットジンクを塗装したもの。 室内側から溶接するパッチは最初はアウターホイールハウスだ。点溶接を繰り返して全体を溶接する。 反対側の外側から見たところ。溶接不足があった場合は肉盛りを…

1971 マスタングマッハ1 クォーターポスト内錆穴修理1

こんにちは。 クォーターパネルの修正が終わっても、取付け前にしなければならないことがまだまだある。 クォーターポスト内(クォーターガラスの収まる部屋)に錆による穴があって、以前から直さねばならないと思っていた。クォーターパネル取付け前に補修す…

1/4パネル取付け準備 リップの錆取り

こんにちは。 マッハ1のクォーターパネルはクォーターのフレームを巻き込むようにして溶接してある。この構造がクォーターパネルの取付けを複雑で難しいものにしている。 ここがクォーターパネルに巻き込まれる部分でクォーターウインドウのすぐ下になる。 …

Dynacorn フルクォーターパネル修正 サイドマーカー

こんにちは。 マスタングには日本車にはあまり見られないサイドマーカーというものがある。 写真のタイヤ後ろ、四角い赤色の部分だ。車体の左右、前後に付いていて、夜間、車を横から見たときに車体の前後を視認する目的がある。 こちらはダイナコーンのクォ…

友、遠方より来る マスタング仲間

こんにちは。 きのうは夜中まで倉庫の片づけ掃除をしていた。きょう友がやってくるからである。 友というのは同じマスタングのオーナーで、僕が今のマスタングを手に入れてから知り合った仲間だ。 一人は静岡県は富士市のUMさん、もう一人は埼玉県所沢市の…

Dynacorn フルクォーターパネル 前側下修正

こんにちは。 修正用の金型を使ってプレスラインからリップまでの寸法を伸ばす。リップとは鉄板の折り曲げ部のことでたいていの場合リップが溶接部分となる。このリップがロッカーパネルと溶接される。 寸法は縮めるよりも伸ばす方が手間がかかる。 修正金型…