館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

マスタング レストア

1971 マスタングマッハ1 リヤビームEX付け直し

こんにちは。 結局、溶接をし直すことにした。オリジナルがどうであったにせよ、後々の不安要因は出来るだけ排除しておきたいのだ。 せっかく綺麗に仕上げたプラグ溶接だが、スポットカッターで再び離す。 僕の中では勇気の要る事だが答えが明確な以上前に進…

1971 マスタングマッハ1 リヤビームEX溶接

こんにちは。 現在は左右のクォーターパネルを繋ぐビームジョイントが接続されていない。錆取りと塗装のために取り外してあったからだ。 写真はリヤウインドウのすぐ後ろを上から見たところだ。下にあるのが左クォーターパネル。上がビームだ。 青っぽく焼け…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの溶接穴割り出し

こんにちは。 まだまだクォーターパネルの取付け前にやらねばならないことが山ほどある。 今回はスポット溶接穴位置の割り出しだ。 オリジナルのスポット溶接位置を透明塩ビシートを使って写し取る。オリジナル以外の位置で溶接すると裏面が錆びていたり薄く…

1971 マスタングマッハ1 左ホイルハウスブラスト

こんにちは。 左クォーターパネルの形状修正が完了したので取付け準備に入る。 左ホイルハウスの修復が終わり、錆防止のプラサフを吹くために錆取りを行う。 実はホイルハウス内はクォーターパネル取り外しの際、塗装を剥がし、鉄板の地肌を露出させてから錆…

1971 マスタングマッハ1 クォーターポスト内錆穴修理2

こんにちは。 まずは最初のパッチを溶接する。グレーの部分はスポットジンクを塗装したもの。 室内側から溶接するパッチは最初はアウターホイールハウスだ。点溶接を繰り返して全体を溶接する。 反対側の外側から見たところ。溶接不足があった場合は肉盛りを…

1971 マスタングマッハ1 クォーターポスト内錆穴修理1

こんにちは。 クォーターパネルの修正が終わっても、取付け前にしなければならないことがまだまだある。 クォーターポスト内(クォーターガラスの収まる部屋)に錆による穴があって、以前から直さねばならないと思っていた。クォーターパネル取付け前に補修す…

1/4パネル取付け準備 リップの錆取り

こんにちは。 マッハ1のクォーターパネルはクォーターのフレームを巻き込むようにして溶接してある。この構造がクォーターパネルの取付けを複雑で難しいものにしている。 ここがクォーターパネルに巻き込まれる部分でクォーターウインドウのすぐ下になる。 …

Dynacorn フルクォーターパネル修正 サイドマーカー

こんにちは。 マスタングには日本車にはあまり見られないサイドマーカーというものがある。 写真のタイヤ後ろ、四角い赤色の部分だ。車体の左右、前後に付いていて、夜間、車を横から見たときに車体の前後を視認する目的がある。 こちらはダイナコーンのクォ…

友、遠方より来る マスタング仲間

こんにちは。 きのうは夜中まで倉庫の片づけ掃除をしていた。きょう友がやってくるからである。 友というのは同じマスタングのオーナーで、僕が今のマスタングを手に入れてから知り合った仲間だ。 一人は静岡県は富士市のUMさん、もう一人は埼玉県所沢市の…

Dynacorn フルクォーターパネル 前側下修正

こんにちは。 修正用の金型を使ってプレスラインからリップまでの寸法を伸ばす。リップとは鉄板の折り曲げ部のことでたいていの場合リップが溶接部分となる。このリップがロッカーパネルと溶接される。 寸法は縮めるよりも伸ばす方が手間がかかる。 修正金型…

Dynacorn フルクォーターパネル 前側下修正用金型

こんにちは。 ダイナコーンのフルクォーターパネルは良く出来たレプロだが、微妙な寸法違いが結構ある。今回修正するのは前側の下。多分これが最後の修正だ。 プレスラインからロッカーパネル溶接部までの寸法が短く、ラインが合わないのだ。 いきなりハンマ…

Dynacorn フルクォーターパネル エクステンション取付け3

こんにちは。 クォーターパネルとエクステンションのフィッティングが出来たので溶接準備にかかる。 今回は折角ヤフオクでスポット溶接機を購入したのでスポット溶接で接続することにした。 溶接前にそれぞれの溶接面にスポットジンク(亜鉛粉末の導電性防錆…

Dynacorn フルクォーターパネル エクステンション取付け2

こんにちは。 パーツが合わない時はどこがオリジナルと違うのか調べると修正を始めやすい。 まずオリジナルのクォーターパネル下のラインを型に取る。ここはリヤバランス(バンパーの下のエプロン部分)と接続する部分だ。ここが大きく違っていると隙間ができ…

Dynacorn フルクォーターパネル エクステンション取付け1

こんにちは。 ダイナコーンのフルクォーターパネルは良く出来たレプロであるが、それでも修正箇所は非常に多い。寸法を1mm修正するのも10mm修正するのも実は大して作業量は変わらない。 輸入して半年経つも未だに取り付けられないでいる。 通販の怖い…

Dynacorn フルクォーターパネルライン修正8 テールライン修正

こんにちは。 曲げ金型が出来たところでいよいよラインの修正だ。 クォーターパネルのテール部分をオスメス金型で挟んでバイスで締め上げる。これはクォーターパネルを逆さまにして見たところ。大きいバイスで締め込んでいるのがオス型だ。 こちらはクォータ…

送料高くね?

こんにちは。 CJポニーパーツにはEFI購入で苦い経験がある。が、どこよりも安い商品があったり、ここしか扱っていない商品があるなど無視できない事情もある。 高額商品は万一トラブルになった時、返金されない可能性大なのでここでは買わないが、安価…

Dynacorn フルクォーターパネルライン修正7 テールライン修正金型

こんにちは。 Dynacornのかなり良く出来たレプロであるが、そのまま取り付くほどお人好しな製品でもない。 寸法が違ったりラインが違ったり、わずかなことだがオリジナルと違う部分はたくさんある。 今回修正するのはテールの部分。オリジナルのテールを真横…

Dynacorn フルクォーターパネルライン修正6 ウインドウラインの修正型

こんにちは。 今回はクォーターパネルのウインドウ部分のライン修正を行う。 一見良く出来たクォーターパネルだが、細かく調べていくとあちこちが微妙に違う。 ウインドウ部分のこのライン(赤丸内)はマッハ1の特徴的なラインでここが美しい。 ところがオリ…

Dynacorn フルクォーターパネル修正5 当て金を作る

こんにちは。 実はここが合っていないマスタングはオリジナルでも少なくない。と言ってもこれほどひどくはないが。 良く出来たレプロダイナコーンだが、この違いは我慢できない。何とかして修正を試みる。 僕はドア側で修正できないかと考えた。実際オリジナ…

Dynacorn フルクォーターパネルライン修正4

こんにちは。 Dynacorn製ドアとクォーターのラインが合わない。ドアはオリジナルよりもカーブがきつく、クォーターはオリジナルよりカーブが緩やかだ。だから組み合わせると写真のように段差ができてしまう。この段差はカッコ悪い。 ドア側の曲線を型に取る…

Dynacorn フルクォーターパネルライン修正3

こんにちは。 同じブランドの製品とは思えないくらい合わないDynacorn製ドアとクォーターパネル。 今回はマスタングを印象付けているフロントからクォーターにかけて流れるライン、出っ張り部だ。ドアとクォーターパネルの上下を合わせると中央付近はこんな…

Dynacorn フルクォーターパネルライン修正2

こんにちは。 前回に続いて前側(ドア側)のライン修正を行う。 Dynacorn フルクォーターパネルは良く出来たレプロだが、修正箇所はたくさんある。 今回、ドアもDynacorn製レプロに交換する。オリジナルが綺麗ならオリジナルを使うのが一番いいが、僕のマッハ…

Dynacorn フルクォーターパネル前側ライン修正1

こんにちは。 ダイナコーン製フルクォーターパネルは一見非常に良く出来ている。 事実、レプロのシートメタル製品の中ではトップクラスだ。 だけどオリジナルと違う部分は非常に多い。 事実そのままでは取付けすらできない。 今回はドアに続くクォーターパネ…

Dynacorn フルクォーターパネル

こんにちは。 ダイナコーン製フルクォーターパネルは良く出来たレプロ製品だ。これは間違いない。 だけどそのまま無加工で付くのかと問われれば、それはノーだ。 修正箇所はいっぱいあるし、加工誤差も結構あって当たりはずれがあるのだ。 鉄板を一から叩き…

1971 マスタングマッハ1 左ホイールハウスの溶接2

こんにちは。 ホイールハウス溶接の続きだ。これはタイヤハウスの内側から前方を見たところ。 オリジナルとレプロの合わせ目、およびロッカーパネルとの接合部(丸穴)を溶接していく。 ロッカーパネルとのプラグ溶接穴。鉄板の板厚に対する標準電流よりも強い…

1971 マスタングマッハ1 左ホイールハウスの溶接1

こんにちは。 左ロッカーパネルエンドキャップの取付けとロッカーパネル内の重塗装が終わったのでホイールハウスレプロを取りつける。これでロッカーパネルの後ろ側も蓋をすることになる。 ホイールハウスはオリジナルの錆の酷い部分と錆があまりない部分の…

1971 マスタングマッハ1 ロッカーパネルエンドの再塗装

こんにちは。 ロッカーパネルエンドキャップの溶接が完了したので塗装を行う。 まず、僕の定番の「必殺錆封じ」を薄く塗装。新品の鉄板にはいきなりプラサフ、亜鉛鋼板にはミッチャクロンを使ったりするが、塗装を剥がしたオリジナルの鉄板面には目に見えな…

1971 マスタングマッハ1 ロッカーパネルエンドキャップ溶接

こんにちは。 左フェンダーを外すときに下側をフレームに固定しているボルトナットがさび付いていて、無理に回したらUナットのリップでボルト穴をちぎってしまった。 ボルトは結局頭を切り取らないと取り外せなかった。 ちぎれたボルト穴のオリジナルエンド…

1971 マスタングマッハ1 ロッカーパネルフロントエンド塗装失敗

こんにちは。 ロッカーパネルの前側を塗装する。左前ホイールハウスのすぐ後ろの部分だ。 なぜ今、塗装するかというと、フロントエンドの蓋を溶接した後溶接で焼けた内側を塗装したいからだ。突っ込みどころは多々あると思うが、難しい話になるのでスルーし…

1971 マスタングマッハ1 ロッカーパネル内塗装1

こんにちは。 ロッカーパネルとはキャビン(居室)の左右下を前後に走るパイプ状の部分でエンジン側フレームとリヤのトランク側フレームをつなぐ重要なパーツ。 車に乗り込む際またぐ敷居のようなものだ。 家で言えば基礎となる部分なので頑丈に出来ていて、中…