館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

マスタング レストア

LED 室内灯を作る

こんにちは。 旧車乗りなら分かると思うが、車の電装品は相当劣化している。 ビニル電線は柔らかさを失い硬くなっているし、被覆を剥くと中の銅線は茶色に酸化している。 配線を全て引き直すのがベストだけれど、とりあえず電球をLEDに換えてみるのもリフレ…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネル先端部修正

こんにちは。 レプロのクォーターパネルの全長がオリジナルよりも短かったことは以前書いた。 実際、僕はクォーターパネルの前側(ドア側)を3ミリ伸ばした。 この作業は治工具を作るなどしてかなり大変だったがなんとかこなした。 伸ばしたことでいろいろ不…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネルEX修正2

こんにちは。 右クオーターパネルにクオーターパネルエクステンションを取り付ける。 クオーターパネルエクステンションとはクォーターパネルに溶接して取り付けるパーツのことで、エクステンションと名の付くパーツは複数ある。 こちらは右クォーターパネル…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネルEX修正1

こんにちは。 以前左クオーターパネルの時にも書いたと思うが、クオーターパネルはリヤボトムの形状が複雑なため、2ピースで出来ている。 下の写真はオリジナルのクォーターパネルリヤボトムを切り取ったものだが、左半分が別パーツになっている。この別パ…

1971 マスタングマッハ1 右ホイルハウス溶接

こんにちは。 レプロのホイルハウスを細く三日月形にカットして、さらに幅をそろえるために切り込みを入れた。 今回は幅を調整したうえで切り込みを溶接して再びつなげる。 溶接法は今回もラップウェルド、二枚の鉄板をつき合わせではなく、重ね合わせて溶接…

1971 マスタングマッハ1 右ホイルハウス調整

こんにちは。 板金物のレプロの寸法が合わないということは前回も言ったが、ホイルハウスとクォーターパネルのホイルアーチを合わせるのが大変だ。 左側もそうだったが、ホイルハウスの方がクォーターパネルのホイルアーチよりも横幅が広い。個体差はあるが…

1971 マスタングマッハ1 右ホイルハウス交換

こんにちは。 以前右クオーターパネルの部分交換をした際に修復した右ホイルハウスだが、エッジがダレていて気にくわない。 今回、ダイナコーンのエッジの効いたホイルハウスで修復し直す。 まずはホイルハウスの位置出し用木型を作る。左クォーターパネルを…

1971 マスタングマッハ1 右ドアラインの修正2

こんにちは。 前回製作した当て金をドアに当ててプレスラインを修正する。成形したハンマーで少しずつ叩く。 ハンマーの先はドアのカーブに成形してある。 ラインのエッジはハンマーより細いたがねを作ってエッジを出す。 当て金ぎりぎりのところを叩いてい…

POR15は錆にも密着しない

こんにちは。 1年ほど前にスフィアの手すりに塗ったPOR15が剥がれてきてお客様の衣装を錆で汚しかねない状態になってきたのでPOR15を剥がし、錆対策をしなくてはならない。 次の休館日まで待っていられないのだ。 閉館後。すぐにPOR15剥がしにかかる。ご存…

1971 マスタングマッハ1 右ドアラインの修正

こんにちは。 マスタングのレプロドアはクォーターパネルとラインが合わない。 マスタングにはドアウインドウやクォーターウインドウを縁取るように、5センチ幅くらいのへこんだラインがある。 このラインがマスタングのサイドビューをシャープに際立たせて…

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネルドア側ライン修正1

こんにちは。 ダイナコーンのクォーターパネルとドアライン、同じブランドなのに合わない。 各パネルのラインやちりを合わせることは、ボデーの仕上がりをきっちり見せるうえで極めて重要だ。 なのに実際にはほとんど合わない。 今回は板金で出来る範囲のラ…

1971 マスタングマッハ1 クォーターウインドウライン修正3

こんにちは。 左側でも行ったダイナコーン右側フルクォーターパネルのドア側ラインを修正する。 同じメーカーのレプロなのにどうしてドアとクォーターパネルのラインを揃えられないのだろう。 ドアとクォーターパネルのこの辺りのラインが揃ってないままレス…

1971 マスタングマッハ1 クォーターウインドウライン修正2

こんにちは。 クォーターウインドウらいんの曲げ型を作る。 まずオリジナルのクォーターウインドウに離型剤を塗る。これから型取りをするのだ。 前回作った曲げたアングルにエポキシパテをたっぷり塗ってオリジナルに押し当てる。 はみ出したパテはヘラで綺…

1971 マスタングマッハ1 クォーターウインドウライン修正1

こんにちは。 マスタングマッハ1のボデーラインの中で美しい部分の一つがクォーターウインドウだ。 このラインはこの年式のマスタングの特徴でデザインを最優先にした結果、斜め後方視界の悪さ(というよりゼロ)は天下一品である。現代車の中では一部のスー…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネルドア側ライン形成

こんにちは。 先日のブログ「右クオーターパネル全長伸ばし3」で延ばしたドア側のラインを形成する。 3.2ミリの鉄板を曲げて溶接した当て金。カーブはクォーターパネルのふくらみに合わせてある。 角度はリップの曲げ角に合わせてある。 当て金と同じ3.…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネルドア側下部寸法修正

こんにちは。 右クオーターパネルのドア側、センターラインからロッカーパネルまでの寸法がオリジナルに比べて2mmほど短い。だからクォーターパネルを仮付けしてみるとドアとクォーターパネルのラインが合わなくなる。 今回はこの部分の寸法を修正、伸ば…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル全長伸ばし3

こんにちは。 前回行ったボデーサイドのセンターライン部と同じ手法でドア側のリップ部を伸ばしていく。 全てのリップ伸ばしは金型を作ってクォーターパネルを挟み、ラインが変形しないようにしなければならない。 これはクォーターウインドウの下の部分。上…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル全長伸ばし2

こんにちは。 右クオーターパネルの全長を伸ばすのはなかなか大変なことだ。 今回はマスタングの特徴であるボデーサイドを流れるプレスラインの出っ張りだ。 クォーターパネルの裏側、ドア寄りのセンターラインに液体離型剤を筆で塗る。 筆塗り、乾燥を3~…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル曲がり修正

こんにちは。 ぱっと見には完璧に見えるダイナコーン製フルクォーターパネル。だけどオリジナルと寸法や曲げ角度、曲線などを比較してみるとずいぶん違うことが分かる。 そのままでは組み付かない重要な寸法違いは当然修正しなければならないが、角度やカー…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル全長伸ばし1

こんにちは。 きれいに成形された右クオーターパネルの全長を伸ばすという、とんでもない作業から着手する。 伸ばすのは1.5mm~2.5mmほど。 わずかそれだけ? などと侮ってはいけない。 現代の日本車はドアギャップが通常4~5mm。当時のマスタ…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル修正箇所

こんにちは。 右クオーターパネルを仮組して分かったことやオリジナルと比較して修正すべきところをあぶりだした。 ダイナコーンのフルクォーターパネルはレプロとしてはとてよく出来たパーツであるが、決してそのままつくような甘いものではなく、修正箇所…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル1回目の仮付け

こんにちは。 オリジナルのクォーターパネルが外れ、レプロの新品クォーターパネルを取り付けてみる。修正箇所を探すためだ。どんなパネルも絶対にぴったりとはいかない。これは経験則だ。 案の定、きつくてはまらない。 どこがいけないのか。 あらゆる寸法…

1971 マスタングマッハ1 右ショックタワー&エプロンアッシー

こんにちは。 僕のマスタングは何回ぶつけたんだろうと思うくらいあちこちが変形している。 買った当時の「状態がいい」という説明が大ウソに思えるほどだ。 ショックタワーの上部は上から潰したような痕跡があり、レプロのフェンダーエプロンが合わず、取り…

1971 マスタングマッハ1 ルーフの切り取り

こんにちは。 今回はルーフのリップ部分を切り離す。クォーターパネルと重なり合う溶接部分だ。 なぜここを取り外すのかというと、ここはクォーターパネルの上にルーフがかぶさっているところで、ここを切り取らないと新しいクォーターパネルがはめられない…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル取り外し 補強板外し

こんにちは。 右クオーターパネルを外し、前回インナークォーターの塗装を剥がした。 今回は残ったクォーターパネルの切れ端を取り外す。まずはクォーターパネルとロッカーパネルの接続部。前回、自分で溶接した所だ。 次にクォーターウインドウの補強板。 …

1971 マスタングマッハ1 クォーターフレームの塗装剥がし

こんにちは。 クォーターフレームの上部は前回の下半分の交換時には手が入らず、十分な錆落としと防錆塗装ができなかった。 今回はクォーターパネルの全てを交換するのでクォーターフレームがすべてむき出しになり、この際徹底的な錆落としと防錆塗装をする…

1971 マスタングマッハ1 パテで密閉はできない?

こんにちは。 この写真を見てなんだかわかる人はいないだろう。 これはクォーターパネルを取り外した後のホイールハウスの後ろ側だ。 ホイールハウスに貼りついているグレーの塊はエポキシパテだ。 ホイールハウスの後ろ側はマスタングの最も錆びやすい部分…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネル取り外し

こんにちは。 右クオーターパネルをドア側にスライドさせて取り外した。 クオーターパネルとルーフの接続部分はカットしてルーフに残したままだ。こうしないとルーフを切り取らなければならないことになる。 前回のクオーターパネル下半分を切り離した際に開…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネルスポット外し2

こんにちは。 ルーフとクォーターパネルの接合スポットを外す。 ホイルアーチのスポットを外し、クォーターパネルをホイールハウスから外す。クォーターパネルが戻らないようにホイールハウスとの隙間に金ベラを挟む。 ファーストバック部分をインナーから浮…

1971 マスタングマッハ1 右クオーターパネルスポット外し1

こんにちは。 右クオーターパネルのスポット溶接を外していく。 一度きれいに取り付けたレプロを取り外すのは気が滅入るが、より完璧なレストアができると考えて前に進む。 こちらは右クオーターウインドウの後ろの接合部。 4か所ほどスポットを外す。 クォ…