館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

マスタング レストア

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 モールドピンの取付け3

こんにちは。 クォーターパネルにピン穴が明いたところでモールドピンを付ける。ピンの代用として使うのは薄平リベット。 最初は釘も考えたが、釘の頭のアヤ目がいかにも釘だ。マスタングの " M " 刻印は無いがリベットの方がスマートだ。 オートポンチの先…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 モールドピンの取付け2

こんにちは。 リヤウインドウのモールドピンはよく見ると角度が付いている。この角度がどんな機能を持つのか分からないが、ここではオリジナルに倣って角度を付けることにする。 写真に撮って角度を測るとおよそ10度だ。 レプロのクォーターパネルにポンチ…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 ピンの溶接テスト

こんにちは。 オリジナルのモールド用ピンはどうやらスポット溶接されているようだ。 その根拠は溶接部の鉄板裏側がきれいなことだ。溶接痕がない。 ならば僕もと、せっかくスポット溶接機があるのだから使ってみようと試作に入った。 まずは先平の溶接チッ…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 モールドピンの取付け1

こんにちは。 今回はクォーターパネルの修正、⑥のピン溶接を行う。 マスタングのフロントウィンドウ、リヤウインドウのモールディング(ガラスを縁取っているアルマイト製の枠)取付けにはピンと専用クリップを使っている。 クォーターパネルのガラス取り付け…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 ファストバックライン

こんにちは。 実はオリジナルのルーフとレプロのクォーターパネルのラインがきれいに合わない。 レプロの方が2mmほど高いのだ。 ファストバックのルーフからテールに流れる直線に近いラインはこの年式のマスタングの最も美しい造形の一つだ。 ここがきれい…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 ルーフ角度

こんにちは。 ルーフからリヤガラスに至るラインのクォーターに流れる角度がオリジナルと違っている。 ここはクォーターパネルとルーフの接続部分だがオリジナルから採った型紙をレプロ当ててみるとご覧の通り角度が違う。わずかなことだと笑ってはいけない…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正

こんにちは。 ダイナコーン社製フルクォーターパネルは非常に良く出来たレプロだ。今まで買ったダイナコーン製品の中でも特にいいと思う。 但し、そのまますんなりと付くかといえば、それはノーだ。 仮に付いたとしてもラインの揃わない見苦しい出来になって…

1971 マスタングマッハ1 Dynacorn製ドア 現物写真

こんにちは。 NPDよりDynacornのドア写真が届いた。実に32枚もの写真だ。 その一部をお見せしよう。 こちらはフロント側の断面だ。 マスタングの特徴であるサイドラインの出っ張り。型紙の当たり具合が少し右にずれているが曲線はおおかた型紙通りだ。 肩…

1971 マスタングマッハ1 Dynacorn製ドア

こんにちは。 ダイナコーンといえばアメ車のレストアラーなら一度は耳にしたことがあるだろう。シートメタル製品ではトップブランドだ。 確かにレアなパーツを供給してくれて非常に助かる。例えばドアやクォーターパネル、ショックタワーアセンブリなど、数…

1971 マスタングマッハ1 シートプラットホームの取付け

こんにちは。 いよいよシートプラットホームを取り付ける。シートプラットホームとは運転席側及び助手席側シートを取り付けるための台で、ここにシートを前後に調節するためのレールが取り付く。 センタートンネル側の溶接。スパッター(溶接の火花)が飛んで…

1971 マスタングマッハ1 フロア錆止め塗装

こんにちは。 「必殺錆封じ」と「アルミパテ」を塗ったらパワー防錆だ。 「パワー防錆」は2液型エポキシ塗料で膜厚が厚く、錆止め効果は抜群なのだそうだ。これはメーカー染めQのセールスコピーだ。 パワー防錆を塗る前にパテ磨きをする。そして鉄板の溶接…

1971 マスタングマッハ1 フロアパン磨き直し

こんにちは。 フロア下を塗装する前にシートプラットホームを取り付ける。なぜならフロア下を塗装してもその後でシートプラットホームを溶接すると溶接部の反対側が熱で塗装焼けを起すからだ。 さて、POR15が生鉄板に密着しないことは以前このブログでも書い…

1971 マスタングマッハ1 フロア下錆取り

こんにちは。 僕がこのマスタングの最初にしたレストアはフロアだった。錆で朽ち果て、穴だらけだったフロアは見るも恐ろしい状態だったため、センタートンネル以外はほとんど新品レプロに交換した。 フロアの状態を見るために一旦全ての塗装を剥がしたのだ…

1971 マスタングマッハ1 左ホイールハウス補修

こんにちは。 切り取ったレプロホイールハウスをオリジナルに当ててみる。 レプロホイールハウスのフロント側はロッカーパネルとオリジナルホイールハウスの隙間に滑り込ませるように差し込む。アーチの部分はオリジナルとレプロを重ねるように取り付ける。…

1971 マスタングマッハ1 左ホイルハウス切り取り

こんにちは。 ホイルアーチの形状を型に取ったところでレプロのホイルハウスのカットに入る。 丸ごと替えるとなるとフレームをバラバラに分解しなければならないほど奥にあるので、この場合錆のある必要最小限の切り取りにとどめる方が得策だ。 それにレプロ…

1971 マスタングマッハ1 左ホイルハウス型作り

こんにちは。 左クォーターパネルの交換に先立ち、ホイルハウスの腐食部分を修復する。 ここはクォーターポストと並んでマスタングの最も錆びやすい部分だ。 錆びた部分は切り取ってしまうため、クォーターパネルとホイルハウスの接合部分の位置を記録してお…

1971 マスタングマッハ1 ルーフ切り取り

こんにちは。 クォーターパネルの取付けは相当難しい。前側からクォーターウインド部分をフレームに通しながら後方にスライドさせてファストバックの斜め部分にはめ込む。この時クォーターパネルの弾性変形を利用して取り付ける。 寸法がピッタリ合わないと…

1971 マスタングマッハ1 ルーフの型取り

こんにちは。 前回11月19日の「クォーターパネルルーフ接続部取り外し」で、結局ルーフの一部も切り取らなければクォーターパネルを取付けできないことが分かった。 切り取るのはクォーターパネルとの接続部だが、ここを切り取るとルーフの端っこが下が…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネル修正 ウインドウ下

こんにちは。 ダイナコーンのフルクォーターパネルは他のレプロに比べると非常に良く出来たパネルだ。これは間違いない。 だけどこのままで取り付くほど甘いものでもない。 可能な限りオリジナル通りになるよう、修正を行う。まず、クォーターウインドウの下…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルルーフ接続部取り外し

こんにちは。 三日連続のレストア記事である。 クォーターパネルのルーフ接続部はフレームとルーフの間に挟まれていて手で引っ張ったくらいじゃ抜けない。 そこで接続部に鉄板を曲げたかぎの手を溶接する。これはリヤ側。 こちらはフロント側。 かぎの手を板…

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルルーフ接続部

こんにちは。 溶接部分の長さをできるだけ少なくするために僕は真剣に考え抜いた。 そして考えついたのがルーフとクォーターパネルをラックピニオンギヤのラックのように山と谷の歯型にカットする。 そしてルーフとクォーターパネルの山と谷を合わせて横にず…

1971 マスタングマッハ1 リヤウインドウビーム継ぎ手の取付け

こんにちは。 リヤウインドウビーム継ぎ手の溶接を行う。 この写真は溶接部分を下から見上げたところだ。クォーターパネルの接続部分が奥のビームと今回溶接した継ぎ手との間に挟み込んである。(中央上の黒い部分) まだ固定していない。レプロのクォーターパ…

1971 マスタングマッハ1 リヤウインドウビーム継ぎ手の取付け準備2

こんにちは。 リヤウインドウビーム継ぎ手の修復が完了したところで、いざ取付けといきたいところだが、オリジナルはリヤウインドウビームとリヤウインドウビーム継ぎ手の間にクォーターパネルの接続部分が挟まっていて一緒にスポット溶接されている。 後か…

1971 マスタングマッハ1 リヤウインドウビーム継ぎ手の取付け準備

こんにちは。 継ぎ手の修復が完了したのでリヤウインドウビームとクォーターフレームに取り付ける準備をする。 この写真はトランクの内側下から上を見上げたところ。クォーターフレームのグレーの部分は錆止め塗料「スポットジンク」を塗布したところ。黒い…

自動溶接遮光面の電池交換

こんにちは。 前々から電池切れになっていた自動溶接遮光面の電池交換をした。 この遮光面、モ〇タローブランドで1万3千円もするのに電池が交換できずに寿命は2年とされている。電池さえ交換すればまだまだ使えるのにもったいない話だ。 そこで壊れるかも…

1971 マスタングマッハ1 リヤウインドウビーム継ぎ手の修復2

こんにちは。 形状の修復が終わり、継ぎ手全体をサンドブラストする。塗料の密着をよくするためだ。 スポット溶接を外した穴にはマスキングシートを貼って塗料が付かないようにする。 プラグ溶接がしやすくするためだ。 錆によるクレーターがある。ここはア…

インチサイズのソケットレンチセット

こんにちは。 ソケットレンチのセットがようやく届いた。インターネットで注文してから20日が経っていた。 マスタング用の工具は全てインチサイズで、残念ながら地元のホームセンターではどこにも置いていなかった。 一月ほど前のことだが、ドアの位置調整…

1971 マスタングマッハ1 リヤウインドウビーム継ぎ手の修復1

こんにちは。 リヤウインドウビーム継ぎ手を外した部分を下から見たところ。 別の角度から見たところ。左右のクォーターフレームが完全に分断されてしまったため、寸法が狂わないようにアングル材で左右フレームを固定している。 リヤウインドウビームを上か…

1971 マスタングマッハ1 リヤウインドウビーム継ぎ手の取り外し

こんにちは。 やっとか目のレストア記事です。 クォーターパネルの交換が厄介なのは周りの部材と複雑に組み合わされているため、クォーターパネルだけを取り外すということができないからだ。 例えばルーフ(天井)はクォーターパネルの上に被さるように溶接さ…

1971 マスタングマッハ1 リヤウインドウビームの錆落とし2

こんにちは。 さて、いよいよ錆取りだ。ビームの下側はこんなふうに錆びている。ある程度はワイヤーサンダーで落とすことは可能だが、プレスでデコボコした面の完全な錆取りは不可能に近い。 ビームの上側。右半分は塗装とシリコンを剥がしたが、左側は塗装…