館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

北側屋根の塗装 上塗り

こんにちは。 きょうは土曜日ということもあり、客足が絶えることが無かった。閉館時間になってもまだお客様がみえたので、館をカミさんに任せて僕は北側屋根の塗装準備にかかった。 大体いつも1時間半から2時間くらいかかる。出来るかどうか分からないが…

ステンドの小物台

こんにちは。 ステンド教室のODさんが作品を完成させた。小物置きとでもいうのだろうか。 玄関などに鉢植えなどを乗せて置いたら可愛い。 実はこれ、100%ODさんのデザインだ。いろいろアドバイスはさせてもらったが、デザイン画は全て本人が描いた。…

北側屋根の塗装開始

こんにちは。 きょうも昨日に続き梅雨の晴れ間となった。きのうは強風でとても塗装などできる天気ではなかったが、きょうの午前は風が弱く、なんとか塗装できそうだ。 夜半から雨になるとは聞いていたがこの機を逃すとしばらく塗装のチャンスは無い。 午前1…

ランプのあかり

こんにちは。 きのうの話で恐縮だが、火曜ステンド教室のHIさんがランプスタンドを完成させた。 デザインはシンプルだがなかなかの大物である。前回のフクロウのパネルはピースが細かくて思うようにガラスが切れず、ずいぶん苦労していたが今回は早かった…

モリ三兄弟の散髪

こんにちは。 先日、美術館玄関前にあるカイズカイブキとコノテガシワに目を付けてやったが、今回は散髪をしてやった。 そのままでもお客さんは写真を撮っていたりしたが、ちょっと刈り込んで ” らしく " してやった。 カイズカイブキには腕と口らしきものを…

1971 マスタングマッハ1 左ホイルハウスブラスト

こんにちは。 左クォーターパネルの形状修正が完了したので取付け準備に入る。 左ホイルハウスの修復が終わり、錆防止のプラサフを吹くために錆取りを行う。 実はホイルハウス内はクォーターパネル取り外しの際、塗装を剥がし、鉄板の地肌を露出させてから錆…

隣りの田んぼ ゴイサギ &アオサギ

こんにちは。 今日は雨模様の日曜とあって、朝からひっきりなしの来館者。体験も入って体験指導とチケット売りに明け暮れた。 午後4時頃になって窓の外に目をやると、隣の田んぼに大きな野鳥が2羽。ゴイサギとアオサギだ。羽がグレーなのでどちらもゴイサギ…

ステンドミニランプ

こんにちは。 きょう、土曜夜のステンド教室で生徒さんが作品を完成させた。 完成させたのはSUさん。生徒歴15年以上のベテランさんだ。 おっとりした性格だが几帳面で、それが作品にも出ている。 器具を含めた全体の高さは25センチほどでランプとして…

松の剪定 初心者にもできる芽摘み プラスα

こんにちは。 剪定が終わって綺麗になった一本松。プロがやるとさすがに美しい。枝が見えるようになって樹形がはっきりした。 よくよく見ると庭師さんのきのうの説明だけでないテクニックが見える。それは新芽の切り方だ。 松は日本画にあるように葉の房(か…

松の剪定 初心者にもできる芽摘み

こんにちは。 きょうから庭師さんが庭木の剪定にやってきた。梅雨のこの時期の風物詩だ。 先日友人のUMさんが松の剪定の仕方を知りたいと言っていた。UMさんもまた、自分で松の剪定をしているそうだが見よう見まねなのでちゃんとした剪定の仕方を知りた…

並モリ取材

こんにちは。 きょうは雨の中、ケーブルテレビの取材があった。 名古屋地区のケーブルテレビなので西尾では視聴できない。が、人気芸人の“アンダーポイント“さんがレポーターとしてやってきた。 お二人とも愛知県出身、名古屋吉本興業の所属で、主に東海地方…

モリ三兄弟

こんにちは。 愛知万博の開催された2005年当時、万博ブームにあやかろうと、万博のマスコットキャラクターであるモリゾーとキッコロに似せた木の飾りつけをしたことがあった。 その後台風などの悪天候で目玉が飛ばされたりして飾りつけをやめてしまった。 今…

北側屋根洗浄

こんにちは。 イズステージの特徴的な間取りとしてアティック(屋根裏部屋)がある。 たいてい妻側の壁に三角の窓を設け、屋根には開閉可能な天窓を付ける。 隠れ家的な雰囲気があって僕もこれに憧れた。 ところが開閉可能な天窓は時間が経つとパッキン類が劣…

屋根のコーキング

こんにちは。 情けない話だが、我が家は雨漏りがする。ずいぶん前からで、静かな雨なら問題は無いのだが、大雨の日や吹き降りなど、階段ホールの天井からぽたぽたと雨漏りする。そのため天井クロスはシミだらけだ。 セキスイカスタマに診て貰ったら、小さな…

火星大接近

こんにちは。 このところ星空が華やかだ。 夕方には西の空に金星が金色に輝いていて、全天で一番明るい。また、一番星でもある。 紺色の空に輝く金星を見ているととてもすがすがしい気分になる。 夜の9時ごろになると木星が南の空45度くらいの高さにやっ…

アクアの改造2 LED化

こんにちは。 LEDの在庫を使い果たし、LED配線にひとまず区切りをつける。 きのうまでのアクア。豆電球が1~2個切れてちょっと暗くなってしまった泉。きのうまでのお客様にはちょっぴり申し訳ないことをした。 ところが蓋を開けてみると電球は切れて…

紫陽花の頃

こんにちは。 ミュージアムの通路が花で華やいでいる。カミさんが花が好きで季節ごとの花を植えるので一年じゅう花が絶えることは無い。 間もなく梅雨だ。梅雨と言えば紫陽花だろう。 うちでもあちこちに紫陽花が植えられていて雨に濡れた花は鮮やかだ。 最…

1971 マスタングマッハ1 クォーターポスト内錆穴修理2

こんにちは。 まずは最初のパッチを溶接する。グレーの部分はスポットジンクを塗装したもの。 室内側から溶接するパッチは最初はアウターホイールハウスだ。点溶接を繰り返して全体を溶接する。 反対側の外側から見たところ。溶接不足があった場合は肉盛りを…

シティー瓦の塗装

こんにちは。 きょうセキスイシティー瓦の南斜面が塗装を終えた。実に半年がかりである。 シティー瓦の評判は他のサイトでも見かけるが、内部からスカスカのボロボロになっていく非常に粗悪な瓦だ。 補修する手立てはなく、交換しか解決策は無いという。さり…

1971 マスタングマッハ1 クォーターポスト内錆穴修理1

こんにちは。 クォーターパネルの修正が終わっても、取付け前にしなければならないことがまだまだある。 クォーターポスト内(クォーターガラスの収まる部屋)に錆による穴があって、以前から直さねばならないと思っていた。クォーターパネル取付け前に補修す…

スリム管のLED化

こんにちは。 実を言うとてっぽう展示館の蛍光灯が1本ちょっと前から切れたままだ。 てっぽう展示館のショーケースの照明にはスリム管を使用しているが、長さの違う管が8種類ほどもあって在庫をそろえるだけでも大変だ。 それに寿命が短く、1年もたないの…

アクアの改造

こんにちは。 うちの美術館では照明のLED化を少しずつではあるが進めている。 作品の一つに「アクア」がある。これは合わせ鏡と透明パイプを使って地下から湧き出てくる泉を表現したものだ。 合わせ鏡を使って井戸がどこまでも続いて見える。この井戸の壁…

ジオラマのミュージアム

こんにちは。 現在製作中のステンドグラスで作るジオラマにはいろんな建物がある。きょうはその一つ、ミュージアムをご紹介する。 外殻はステンドグラスで作るが内部は紙やプラスチックで作る。 ジオラマの中に置いて展示すれば内部はほとんど見えないのだが…

1/4パネル取付け準備 リップの錆取り

こんにちは。 マッハ1のクォーターパネルはクォーターのフレームを巻き込むようにして溶接してある。この構造がクォーターパネルの取付けを複雑で難しいものにしている。 ここがクォーターパネルに巻き込まれる部分でクォーターウインドウのすぐ下になる。 …

梅雨近し

こんにちは。 きょうは一日中優しい雨が降っていた。梅雨特有の降り方だ。 僕はこんな雨の日も好きだ。心が落ち着く。 隣りの田んぼの田植えを皮切りにその向こうも田植えが始まった。 水田の水面に雨の波紋が現れては消える。 向こうの田んぼはまだ田植えを…

墓じまい

こんにちは。 僕の住む町、西尾市富山町には町が管理する墓地がある。我が家の墓も先祖代々から受け継がれた墓で、外柵(墓の土台)の中に主となる墓石のほかに誰のか分からない小さな墓石が4基ある。 今回、墓地内の区画整理で一部墓を移動することになった…

Dynacorn フルクォーターパネル修正 サイドマーカー

こんにちは。 マスタングには日本車にはあまり見られないサイドマーカーというものがある。 写真のタイヤ後ろ、四角い赤色の部分だ。車体の左右、前後に付いていて、夜間、車を横から見たときに車体の前後を視認する目的がある。 こちらはダイナコーンのクォ…

霊が見える

こんにちは。 これは昨夜の宴席での話だ。 マスタング仲間のUMさんによると、息子さんのお嫁さんが霊が見えるのだという。 UMさんのお父さんが亡くなられた後で葬儀を済ませてお父さんの家で皆で集っていると、突然玄関から亡くなったはずのお父さんが入…

友、遠方より来る マスタング仲間

こんにちは。 きのうは夜中まで倉庫の片づけ掃除をしていた。きょう友がやってくるからである。 友というのは同じマスタングのオーナーで、僕が今のマスタングを手に入れてから知り合った仲間だ。 一人は静岡県は富士市のUMさん、もう一人は埼玉県所沢市の…

隣りの田んぼ 田植え

こんにちは。 きょう、美術館隣りの田んぼでは田植えがあった。今年はいつもよりちょっと早いようだ。今年は雨が多く、高温であるからかもしれない。 今は田植え機を使うので田植えはものの30分足らずで完了する。 これから夏、秋にかけて稲はどんどん大き…