館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 運転席側フレームコネクター

こんにちは。

助手席側のフロアパンはユーチューブなどで交換方法を入念に調べたことで初めての板金とはいえ、なんとか完了することができた。

これに自信を付けた僕は次は運転席側にかかることにした。

フロアパンを取り外す前に、フレームコネクターと干渉しないかどうか確かめることにした。

 

フロントのフロアサポートフタを切り取り、フレームコネクターを差し込んでみる。

f:id:mikawakougei:20160329001856j:plain

 

すんなり付くとは思っていなかったが、案の定、後ろがはまらない。角パイプに立てに溶接された鉄板がリヤフレームの横に当たらなければならないのに、そこまで動かない。

f:id:mikawakougei:20160329002031j:plain

 

タテの鉄板が、赤い左の矢印から右の矢印の位置まで動かないといけないのだけれど、フロントフレームに差し込んだ角パイプが当たってガンとして動かないのだ。

その距離わずかに1センチ。

f:id:mikawakougei:20160329002237j:plain

 

買い求めたショップにクレームを入れるも、「ちょっと曲げたら入りませんか?」と気にもとめない。

それくらいのこと出来ないならレストアなんかするなよ・・とでも言いたげな反応だった。

 

仕方ない。右側同様、友人の鉄工所で曲げを修正してもらって何とかなった。

 

ここでひと言。

レストアを目指す人へ・・。

何が何でも自分でやってやろうという気概が必要です。生半可な気持ちで始めると途中で挫折して、せっかくのクルマがスクラップになりかねません。

お金にゆとりのある人は思いきってプロに任せることです。