読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 リヤ F/D シート 1

こんにちは。

 

当初はこんな感じだった。 マスタングマッハ1ディーラー車のリヤシートはほとんどこのフォードダウン (F/D) シートだったと思う。

f:id:mikawakougei:20160615005849j:plain

 

F/Dシートとは屏風を横にしたような折りたたみ式のリヤシートで、前方に広げることで後部座席がフラットなフロアになるのだ。初代セリカリフトバックもこの真似をした。

さらにトランクと室内を隔てている "トラップドア" を開くとトランクと室内が一体になりスキーなどの長尺ものが積めた。

 

さて、このリヤシート、一見きれいなようだがシートのスポンジはくたびれて薄座布団のように潰れているし、シートの縫い目はほつれていたりする。

クロムメッキ製の枠は錆びてメッキが剥がれ掛けている。

 

リヤシートを外して新品のスポンジに交換し、ビニルレザーは新品に張り替えよう。

f:id:mikawakougei:20160615010959j:plain

 

リヤシートの背もたれ部分である。

f:id:mikawakougei:20160615011326j:plain

 

シート背もたれと折りたたみパネルの蝶番部分。室内にもかかわらずサビサビでクロムメッキが剥がれている。

f:id:mikawakougei:20160615011501j:plain

 

F/Dシートの後ろにあるフロアパネル。カーペットはすっかり色あせてむらむらである。

f:id:mikawakougei:20160615011804j:plain

 

次はこれらを全て分解し、ベースパネルは錆落としして塗装し直し、メッキフレームはクロムメッキのし直しをする。もちろんカーペットは新品に張り替えだ。