読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 エンジンOH2 エキマニ

こんにちは。

結局、エキマニのスタッドボルトは外せなかった。

スパナなんて勿論ダメで、次にボルトに直角に鉄筋を溶接して、その鉄筋を回そうと試みたが鉄筋が曲がってしまい、ボルトは微動だにしない。ボルトを赤くなるまで暖めてやると取れることがあると聞き、友人の鉄工所へ持ち込んで酸素バーナーでボルトを過熱、大型レンチで回してもらったがついにはボルトが折れてしまった。

 

こうなるともう素人の手には負えない。専門の業者に委託して折れたボルトを削り取るしかない。

そんな折り、聞きつけたマスタング仲間のUMさんが、

「僕が以前ヤフオクで手に入れたエキマニがあるから、よかったら使ってください。」UMさんのエキマニもボルトが1本抜けずに付いていたが僕のよりずっと程度がいい。ムリに抜いてまた折ってしまうくらいならこのまま使う方が得策だ。

 

ヤフオクに出品されただけあって、浮き錆などは付いていない。なのでエキマニをブラスト機に入れて錆取りをする。

直圧式ブラスターの威力で錆はみるみる吹き飛んでゆく。

f:id:mikawakougei:20160814001439j:plain

 

エンジンブロックと触れあうフランジ部分をマスキングして耐熱塗料を塗る。

耐熱塗料はいろんな種類が販売されているようだが、耐熱温度が650度と高い、左のものを使うことにした。

f:id:mikawakougei:20160814002916j:plain

 

錆を取り、塗装し直したパーツ。綺麗に塗装したエキマニも置いてある。(下の段)

UMさん、ありがとう~!

f:id:mikawakougei:20160814003038j:plain

 

基本的に、全てのパーツを新品に交換、または錆取り後塗装をする。