読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

ステンドのクラシックカー

こんにちは。

 

きょうは土曜ステンド教室の日。お一人作品の完成があった。

製作したのは土曜教室唯一の男性、御年73歳のSMさんだ。この作品を作り始めてかれこれ1年にはなる。

お孫さんへのプレゼントとして作り始めたのだが、作っていくうちに、型が合わないことが分かってきた。

当教室には沢山のステンド作品集と型があり、その中から好みの作品を選んで作る生徒さんが多いのだが、時々不完全な型がある。

多くは、アメリカから輸入した作品集で、個人が書いている作品集も多い。その中には結構適当に作っている作品も見受けられる。

 

さて、その作品はなんとクラシックカー

f:id:mikawakougei:20160821003642j:plain

 

T型フォードのようだが、かなり省略してある。

はっきり言って少々製作は難しい。 もともとの作品写真にはホイールハウスや、窓の仕切りなどもあったのだが、なかなか思うように製作できずに、変更を余儀なくされたようだ。

特に、アーチ型のホイールハウスは真鍮平板を曲げて作るらしく、製作困難ということで割愛してしまった。

f:id:mikawakougei:20160821004624j:plain

 

それでも、モーターとギヤが付いていて、電池でちゃんと走ることが出来る。

製作期間が長いために自然発生したハンダの錆や汚れも、見ようによってはクラシックカーだけに自然さを与えている。

 

これを見たらお孫さん、どんな顔をするだろう。(笑)