読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

遠赤外線ヒーター入手

こんにちは。

 

このブログでも度々書かせて頂くが、僕は塗装もそこそここなす。

扱うのはロックエースなどの二液型ウレタン塗料、DP40やパワー防錆といったエポキシ系プライマーサフェイサーなどだ。

近々、インパネのベースを塗装するつもりでいるのだが、ガンメタに塗装した上に「マルチトップハイクリヤー」などの超高光沢のクリヤ塗装をしたいのだ。

こういった高光沢の高級塗料は塗装後に過熱をしてやらないと(60度60分)硬化乾燥しない。

そのため、以前からヒーターが欲しいと思っていたのだが、業務用の大型のものになると、ウン十万円から100万円以上するものまである。

趣味の塗装にそこまでお金はかけられない。

 

そんな折、たままたヤフオクで中古の業務用大型ヒーターを見つけた。即決価格3万円だ。引き取り限定だったが、幸いにも名古屋市在住の出品者だったのだ。

 

カミさんと二人で引き取りに行った。車で50分の距離だ。

先方は3人で運営している小規模な自動車修理工場だった。何台か修理中の車があったが、みなクラシックカーの類だ。4代目のカローラレビンやハコスカなど、マニアしか乗りそうもない車ばかりだ。

恐らくそういったオーナーが常連客なのだろう。

大将は70歳代と思われる職人風のオッサンだった。僕の尊敬する東和自動車の社長タイプの人だ。

 

旧車の話をすると目を輝かせながら話をしてくれた。こういう人とは酒でも酌み交わしながら話を聞かせてもらうと楽しいだろうなぁ、と思った。

 

さて、肝心のヒーターであるが、ちゃんと通電テストもして異常なしだった。

ご覧の通り、プロユースの大型ヒーターだ。

f:id:mikawakougei:20160907044444j:plain

高さはもちろんのこと、ヒーターの角度を変えたり回転もできる。

f:id:mikawakougei:20160907044549j:plain

 

ヒーターは3基付いていて、それぞれ単独に電源が入る。ちゃんとタイマーも付いている。

f:id:mikawakougei:20160907044655j:plain

 

電源は三相200V、4.23kWだ。これ自体、一般家庭には無いよね。(笑)

 

趣味にしちゃ、大掛かりになってきたもんだ。^ ^