読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

彫刻鏡(かがみ)の部屋 鏡磨き

こんにちは。

 

うちの美術館の目玉の一つに ”彫刻かがみの部屋” 作品名「四季」というのがある。

広さ8畳ほどの真四角の部屋で、壁はもちろん、床も天井も全て鏡張りという部屋である。

壁面の鏡には四季の草木が彫刻してあって季節ごとにライトアップして映し出される。

それが合わせ鏡の仕組みで柄がどこまでも続いて見えるという摩訶不思議な空間なのだ。

f:id:mikawakougei:20160922042209j:plain

f:id:mikawakougei:20160922042959j:plain

 

美しい眺めが堪能できるので特に女性に人気の部屋なのだが、鏡張りの部屋ならではの悩みがある。

鏡が曇ってくるのである。梅雨や夏場の湿気の多い時期はなおさらである。

 

壁はほぼ毎週、綺麗に拭き掃除をしているが、天井となるとなかなかそうも行かない。最近、ちょっと遠くが霞んできたなぁ‥、と思っていたので昨日と今日、二回に分けて拭き掃除をした。

 

アルミ脚立を室内に持ち込み、脚立に上ってはエビぞりになって天井の鏡を拭くのだ。湿ったタオルと乾いたタオルで2回拭く。

これがことのほか重労働で、年のせいか一度に全てできない。昨日に引き続き、きょうも拭き上げてやっと完了した。

 

改めて見ると、やっぱりクリアで美しい。

f:id:mikawakougei:20160922042352j:plain

 

この部屋は人気があるのだが、あまりメディアの取材を受けたことがない。カメラマン泣かせなのである。

どこを狙ってもカメラ(自分)が写ってしまうのだ。

 

超高層ビルから奈落の底を見るような恐ろしい眺めも見られる。(笑)

安心してください。落ちたりしないから。

f:id:mikawakougei:20160922042756j:plain

 

明日からお客様に綺麗な眺めを堪能して頂ける。