読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネル1

こんにちは。

 

当初は購入したマスタングを全塗装して、綺麗に乗りたいと思っていた。

 

友人から塗装剥がしなど、自分で出来ることは予めやっておくと塗装代を節約できるよと教えられて剥がし始めたのがこのレストアの始まりだった。

 

内装から分解して塗装を剥がしていくとフロアはひどい状態であることが判明。こうなるとボデーだって疑わしい。

塗装を自分で剥がさずに全塗装に出していたら、きっと何も知らずに新車のようだと喜んでいたに違いない。今考えると恐ろしい。

 

 

購入時には「右側リヤホイールハウスに塗装の剥がれ有り」とだけ書いてあった。

まずは右のクォーターパネルから塗装を剥がしていく。

f:id:mikawakougei:20161021012056j:plain

 

ホイールアーチはパテだらけ。最大で7mmくらいは盛ってある。

出てきて出てきた。塗装の剥がれなもんか、穴が明いている。

f:id:mikawakougei:20161021012617j:plain

 

厚いパテを削っていくと、別の大穴も出てきた。

ここのやり方はいつもそうだ。根本治療をしないまま厚いパテ塗りで覆い隠す。当分はごまかせるだろうが、やがて塗装が浮いてくる。いつかはバレるものだ。

f:id:mikawakougei:20161021020735j:plain

 

塗装をさらに剥がしていくと、ホイルアーチの前の部分にパッチが出てきた。

f:id:mikawakougei:20161021021212j:plain

 

アーチ下部とそのすぐ前の2か所にパッチが貼ってある。

f:id:mikawakougei:20161021021504j:plain

 

溶接は錆取りしなければならず、面倒なので錆びた上にシリコンを塗って鉄板をリベット止めし、上からパテで隠してある。手抜きのひどい補修だ。

f:id:mikawakougei:20161021021614j:plain

 

ホイルハウス後ろも分厚いパテ盛り。

f:id:mikawakougei:20161021022201j:plain

 

何が出てくるか楽しみだ。(笑)