読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネル5 カット開始

マスタング レストア

こんにちは。

 

未知の領域なので不安はあるが、やると決めたのだから前に進む。ユーチューブ動画を参考にしながら自分なりによくよく考えて決めたことだ。

いきなり予定線で切らずに寸法確認のために段階的に切る。まずはホイルアーチの外側だ。

f:id:mikawakougei:20161106034733j:plain

 

切っていくとパネルがずれてくる。ラインの型紙を作っておかないと、どちらが正しいラインか分からなくなる。

f:id:mikawakougei:20161106035053j:plain

 

カットしたパネルを外すとホイルハウスのリップ部が腐食でボロボロであるのが分かる。ここは当然交換だ。

f:id:mikawakougei:20161106035347j:plain

 

テールの端面を合わせると前側(ドア側)が2ミリほど短い。伸ばしてやる必要がある。

f:id:mikawakougei:20161106035842j:plain

 

ドア側の下も切る。

f:id:mikawakougei:20161106040748j:plain

 

オリジナルの曲面に削ったH鋼を当て金にしてレプロのライン修正と長さの修正を行う。

f:id:mikawakougei:20161106041018j:plain

 

曲げプレスラインを下の白い破線までずらす必要がある。 それにレプロの曲げラインは丸みを帯びていてシャープでない。

f:id:mikawakougei:20161106041105j:plain

 

何度となく叩いて曲げラインの修正とエッジのきいた曲げにする。

f:id:mikawakougei:20161106041325j:plain

 

同じようにしてドアとのギャップも均一になるよう調整しなければならない。

f:id:mikawakougei:20161106041745j:plain

 

こんなことはアメリカ本国では当然のようにやっているので修正を前提とすべし。

ピタッと付くわけはないのだ。 日本のレストアラーは意識を変えないといけない。

 

僕もレストアを始めたころとは随分心構えが変わってきた。