読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

火曜ステンド教室とふれあいバーナー教室

こんにちは。

 

きょう午前は火曜ステンド教室。前回ランプシェードを組み立て終わったYZさんがパティーナ(黒染め)とワックス仕上げをしてすべて完了となった。

前回、ブログで十角形と言っていたのだが間違い。正しくは九角形だった。

上から見るとまるで万華鏡のよう。

f:id:mikawakougei:20161109000747j:plain

 

いつも派手な色遣いのYZさんにしては落ち着いたガラス選びだ。透明な赤のガラスから透けて見える電球が暖かい。

f:id:mikawakougei:20161109000951j:plain

 

赤の色あいがとっても栄える。

f:id:mikawakougei:20161109002118j:plain

 

 

午後からは「街のふれあい教室バーナー体験」だ。

今回は定員を超える7名。ふれあい教室でのバーナーは作るものが決まっているので体験時間は1時間~1時間半とやや短い。

f:id:mikawakougei:20161109002541j:plain

 

最初は難しいので僕とカミさんで手分けしてご指導に当たる。初めは恐る恐るだが、30分を超えるあたりからはみんなすっかり慣れて冗談も飛び出すほど。

f:id:mikawakougei:20161109002737j:plain

 

みんな楽しそうに出来上がったトンボ玉を軸から外している。ホッとして笑みがこぼれる。ホッとするのは僕たちお教えする側も同じだ。

f:id:mikawakougei:20161109003107j:plain

 

今回はチョーカー。素人なりによく出来ている。

f:id:mikawakougei:20161109003209j:plain

 

なにより自分で作ったものは可愛い。

f:id:mikawakougei:20161109003255j:plain

 

今回のふれあいで感じたことは、体験バーナーも作るものがはっきり決まっていた方が作る側もイメージしやすいかも知れない。

 

これを機にバーナーワーク体験を見直してみるか。