読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 右クォーターポスト裏板修復2

マスタング レストア

こんにちは。

 

前回に続き裏板の修復をする。今回は裏板正面の広い部分。

まずはパッチの形を決める。

f:id:mikawakougei:20161210031454j:plain

 

丸棒を当て金にしてR曲げをする。スリットがあるのは3次曲面だからである。

f:id:mikawakougei:20161210031559j:plain

 

酷いクレーターのショルダー部分。サンドブラストで錆の塊を除去すると地金はこのありさまだ。

f:id:mikawakougei:20161210031954j:plain

 

先人の下手な修理で変形した中央部を切り取ってオリジナルの曲面を正確にコピーする。

f:id:mikawakougei:20161210032600j:plain

 

パッチの形状に合わせてオリジナルをカット。合わせてみる。

f:id:mikawakougei:20161210033035j:plain

 

タック(点)溶接で位置決め。

f:id:mikawakougei:20161210033223j:plain

 

シーム溶接後、サンダー掛け。

f:id:mikawakougei:20161210033509j:plain

 

修復完了。表面。

f:id:mikawakougei:20161210034037j:plain

 

裏面。クレーターは溶接肉盛りで埋めた。

f:id:mikawakougei:20161210034154j:plain

 

次は錆止め処理をする。