読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 右クォーターポスト裏板修復4 塗装と組立

マスタング レストア

こんにちは。

 

前回までに錆防止として「必殺錆封じ」、「POR-15 ラストプリベント」を塗った。

このままでも錆防止としては十分なのだが、より完璧な錆防止を目指す僕としては上塗り塗装をすることにした。ただし、「ラストプリベント」にはこのままでは上塗りが密着しないため「POR-15 タイコートプライマー」をスプレー塗装する。

f:id:mikawakougei:20161219031137j:plain

 

「タイコートプライマー」とは「ラストプリベント」専用の上塗りプライマーで、これを塗ることで上塗りが出来るようになるという。

一液性で専用薄め液で希釈することでスプレーガンが使用できる。青っぽいグレー色だ。狭い所に入る専用ノズルを作って穴の奥まで塗装する。

f:id:mikawakougei:20161219032651j:plain

 

裏板も。

f:id:mikawakougei:20161219034342j:plain

 

最後に上塗りのボデーカラー、マスタングの白「ウインブルドン・ホワイト」を裏板にも表板にも塗装。その上で両方を溶接する。

f:id:mikawakougei:20161219033808j:plain

 

塗装は溶接で焦げるが仕方がない。後でまた塗装する。

f:id:mikawakougei:20161219033857j:plain

 

溶接跡をフラットにサンダー掛けしてこの後仕上げ塗装する。

f:id:mikawakougei:20161219034219j:plain

 

右クォーターポストの補修はこれで完了だ。