読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

西尾工芸家協会 忘年会 2016

こんにちは。

 

きょうは西尾工芸家協会の忘年会があった。このところあまり集まりが無く、それぞれに活動しているので1年ぶの顔合わせだ。

f:id:mikawakougei:20161222010239j:plain

 

会場は新在家町の「志ま家」。和食どころだ。

大将が身体を壊してからしばらくの間休業状態だったが、回復してからランチと夜は予約のみ受け付けての再スタートだ。

f:id:mikawakougei:20161222011724j:plain

 

品のいい料理で僕ら年配には人気のある料亭だ。

魚貝は大将自らが早朝の一色漁港に出かけ、生きのいい魚を選んでくるだけあって鮮度がよく、臭みは全くない。マグロ、アジ、タイ、イカの盛り合わせ。

f:id:mikawakougei:20161222011132j:plain

 

蛤とワカメの汁物。ワカメと蛤のお出しがよく出ていてホカホカのうちに頂く。

f:id:mikawakougei:20161222011527j:plain

 

きょうは冬至ということでかぼちゃの団子汁が出た。中は牛のひき肉とゆずが詰めてあって甘めのだし汁とともに頂く。美味しかったのでカミさんにもお土産に買って帰る。

f:id:mikawakougei:20161222011852j:plain

 

煮魚。魚の名前を聞いたが忘れてしまった。

f:id:mikawakougei:20161222021105j:plain

 

定番の天ぷら。

f:id:mikawakougei:20161222021223j:plain

 

最後はカニサラダ。このあと、ご飯と赤だしで満腹だ。

f:id:mikawakougei:20161222021329j:plain

 

左から石彫の江本さんと陶芸の内藤さん。

f:id:mikawakougei:20161222021451j:plain

 

左から三河一刀彫の神谷さんとガラス工芸の僕。神谷さんは8年前に直腸がんを手術したが、8年目にして再発無し。緩解した。よかったね。

f:id:mikawakougei:20161222021616j:plain

 

みんな30年来のお付き合い。創立発起人の竹工芸の鳥居さんは亡くなってしまったが、他はみんな元気だ。来年は皆で何かやろうかということで一致した。

 

さぁ、来年も頑張るか。