読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

鳩時計

日常

こんにちは。

 

今年のスローガン、「スッキリキレイに!」の第二弾。 教室に鳩時計を取り付けた。

スローガンからは若干逸れるがステンド教室の生徒さんや、体験コース受講のお客様の目を楽しませるのが目的だ。

f:id:mikawakougei:20170107022905j:plain

 

実はこの鳩時計、息子が買ったもので、息子がアパート暮らしをするようになって、家に置いていったものだ。動作がとてもかわいいので、どうせなら有効活用したいと思ったわけだ。

ただ壁に取り付けるのでは芸がないと思った僕は、以前インターネットで買った自然木の残りがあったのでそれを活用することに。

f:id:mikawakougei:20170107023110j:plain

 

小さな時計で鳩もリアルではないが、それがかえって愛らしい。

鳩は正時には時刻の回数と、半には1回鳴く。だから30分ごとに鳩の声を楽しめる。

f:id:mikawakougei:20170107032124j:plain

 

完成を見れば「ほぅ。」と思うかもしれないが取付けは大変だった。なぜなら壁は今どき石膏ボードだからね。木ネジか効かない。

f:id:mikawakougei:20170107032755j:plain

 

こんなもの一つ取り付けるだけでも手間がかかるものだね。

 

カミさん、明日これを見てどんな反応をするだろうか。