読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

すんげ~、よーやる

こんにちは。

 

きょうは風が強く、寒い日だったが、午前中はよく晴れた。

突然、カミさんが、

「ねえ、見て見て。あんな高い所に人が。」

見ると鉄塔にヘルメットをかぶった作業員が何人か登っている。

 

美術館の東にはいくつもの田んぼが続いていて、その中に高さ30~40メートルの送電線鉄塔がある。送電線の一方はは碧南火力発電の方へ伸びて、もう一方は豊田、岡崎方面に伸びている。

この鉄塔から電線は枝分かれして近くのトーレの工場の変電所につながっている。

 

塔には作業員が5人ほど、左下の地上には監督者の姿も見える。

塔の先端は太陽の光で見えない。

ちょっと絵になる写真だと思わないか? 塔の先端に輝くのは文明の光だ。それを人間が支えている。

f:id:mikawakougei:20170203023844j:plain

 

命綱一つに身を任せ作業する技術者たち。

f:id:mikawakougei:20170203025007j:plain

 

彼らは何をしているのだろう。

f:id:mikawakougei:20170203025353j:plain

 

あんな高い所へ登って足がすくんでしまわないのだろうか。

f:id:mikawakougei:20170203025552j:plain

 

ヘルメットはしているが、落ちれば役に立たない。

なんだか彼らがとても頼もしく見える。

f:id:mikawakougei:20170203025724j:plain

 

僕はとても真似できない。(笑)