読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネル10 取付け1

こんにちは。

 

いよいよレプロクォーターパネルの取付けだ。

が、その前にクォーターの内側に制震塗料を塗っておく。車内を少しでも静かにしたいからだ。(黒い部分)

さらにホイールハウスやクォーターポストとの接合部分にはプラグ溶接用の穴を明けておく。

f:id:mikawakougei:20170218030643j:plain

 

オリジナルとレプロのクォーターパネルを固定する道具がない。 そこでM5の蝶ボルトを買ってきてネジ部を平らに削る。

蝶ボルトはそのままでは万力でクランプできないため、エポキシパテで蝶の部分を型取りし、それではさむ。

f:id:mikawakougei:20170218031052j:plain

 

ネジ部の厚さは1mm~1.5mmになるよう丁寧に削る。

この時注意したいのはテーパーに削る。先端が最も薄く、根元に向かって少し厚くするのだ。こうしないと溶接後に締め付けられてネジが抜けなくなる。

f:id:mikawakougei:20170218032023j:plain

 

これでオリジナルとレプロを合わせて固定する。固定は今作った蝶ボルトと蝶ナットで隙間を締め付けるのだ。

f:id:mikawakougei:20170218032340j:plain

 

ここまでを文章にすると、ああそうか、と思うかもしれないが、実際はカーブが合わなかったり全長が合わなかったりと、筆舌に尽くしがたい苦労があったのだ。

 

次は溶接だ。