読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネル16 テールの修正2

こんにちは。

 

下地に染めQの必殺錆封じを塗り、半乾きになったところで同じく染めQのアルミパテを塗る。

パテ塗り1回目。このとき、リヤバランス(黒のスカート)を取り付けた状態で盛り付ける。リヤバランスとカーブを合わせるためである。この時リヤバランス側にはパラフィン(ろうそく)を塗っておかないとパテが取れなくなるので注意が必要だ。

f:id:mikawakougei:20170315034336j:plain

 

パテ塗り2回目。前回作った特製へらでパテを均す。 アルミパテは繊維が入っていてヘラで撫でると糸を引きやすく、綺麗に塗りにくい。一方、繊維があるために割れやクラックが入りにくいそうだ。密着も良い。

f:id:mikawakougei:20170315034756j:plain

 

盛りすぎたところはサンド掛けよりもカッターでそぎ落とす。

f:id:mikawakougei:20170315035219j:plain

 

リヤバランスとの合わせ目の隙間にはみ出したごっついパテ。

f:id:mikawakougei:20170315035509j:plain

 

ノミでそぎ落とす。

f:id:mikawakougei:20170315035901j:plain

 

仕上げはホルツの厚塗りパテで形を整える。

f:id:mikawakougei:20170315035957j:plain

 

これをサンディングで綺麗に磨けば完了だ。