読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 左クォーターパネル6 フルクォーターパネル2

こんにちは。

 

NPDからダイナコーン フルクォーターパネルが届いた。 早速開梱、ダメージが無いか調べる。

こういう大型のパネルが無傷で届くことなど、まず無い。

f:id:mikawakougei:20170407041204j:plain

 

一見するとかなりよく出来ていて正確そう。

全長はほぼピッタリ。もっとも、ここが違っていてははなから取り付けられない。そして肝心のオーバーフェンダーのアーチもオリジナル通り。

しかし、よくよく調べていくと、ボデーの曲線が微妙に違う。オリジナルよりも曲線がフラットなのだ。つまりオリジナルの方がより丸っこく、グラマーなのだ。

わずか数ミリの違いを侮ってはいけない。このまま取り付ければドアとの面のつながりに段差が出来てみっともないことになるのだ。

 

クォーターパネルエクステンションと言う部品が最後尾に付くのだが、そのプレス寸法が4ミリほど違う。

f:id:mikawakougei:20170407042302j:plain

 

そのほかにもいろいろ違いが分かってくる。後で分かることだが、すんなりとは取り付かないのだ。

かなり修正しなければオリジナル通りには取り付かない。

 

まさに最高難度のクォーターパネル取付けだ。