読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

バラとユリのステンドグラス

こんにちは。

 

只今バラとユリをモチーフにしたステンドグラスを製作中。ご注文主は刈谷市のIGさん。3年ほど前にはリビングドアに取り付けるステンドグラスを注文してくださった。

 

実はIGさん、演歌歌手の山内惠介さんの大ファン。ファンクラブも運営しているようで、自宅に山内さんを招いてパーティーもするという。

山内惠介と言えば、紅白にも連続出場したほどの演歌界のホープだ。クリーンで爽やかなイメージがある。

 

3年前の注文は山内さんを自宅に招くにあたっての改装だったのだ。

f:id:mikawakougei:20170420031955j:plain (ネットより)

 

で、今回はと言うと‥、この6月に再び山内さんがご自宅にやってくるということで、そこで開かれるパーティーに合わせて自宅を改装するという熱の入れよう。

 

ご主人は会社社長でお金持ちらしい。

 

いきさつは忘れたが、バラとユリは山内さんゆかりの花らしいのだ。

そこで僕はバラとユリ、そして穏やかな三河湾のイメージでデザインしてみた。

f:id:mikawakougei:20170420032137j:plain

 

まずは型紙作りだ。

f:id:mikawakougei:20170420032513j:plain

 

「神谷さんも是非、いらしてくださいな。素敵なステンドグラスの作家として山内さんにご紹介したいの。」

 

お誘いは誠に嬉しいのだが、美術館をカミさん一人に任せていくのはちょっと‥。

悩ましい限りだ。