読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 左クォーターパネル11取り外し2

こんにちは。

 

クォーターパネルが上手く取り外せるかどうか今の段階では分からない。

ユーチューブ動画でも外した後の動画はあったが、外す作業そのものは見当たらなかった。

とりあえずルーフは傷つけたくなかったので、クォーター側のプレスラインで切断することに。

f:id:mikawakougei:20170426042014j:plain

 

クォーターパネルと内側のシェル(正式名称は知らない)のスポットを外し、上に持ち上げてみた。パネルのバネ効果で持ち上げることができる。

f:id:mikawakougei:20170426042117j:plain

 

リヤ側も持ち上げたところ。

f:id:mikawakougei:20170426042603j:plain

 

前側はエッジロケーターというか、位置決めの出っ張りがシェル側にあるのでクォーター側はそれを乗り越えて外さなければならない。

f:id:mikawakougei:20170426042809j:plain

 

そしてテール側の嵌合を外してフロント側にスライドさせて抜くという方法だ。 ほかに手はない。

f:id:mikawakougei:20170426043130j:plain

 

浮き上がった切断面。

f:id:mikawakougei:20170426043430j:plain

 

クォーターポスト側のスポットも外し、あとは前側にスライドさせて抜く。

f:id:mikawakougei:20170426043819j:plain

 

実際はちょっとしたコツが要る。鉄板のたわみをうまく利用しないと、どう考えても抜けないのだから。