館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

歳旦祭2021

こんにちは。

 

きょう1月2日は富神の歳旦祭の日。年始を祝う祭祀だ。

祭祀の進行はもう何度も行っているので頭に入っている。初めのころは玉串奉納の榊をどう持って、どちらに回すのか迷った。

 

お神酒の備えられた祭壇。お正月らしい。この後玉串奉納を行った。

玉串奉納を行うのは町内会長4役と社寺係2人、そして今年厄年の男女10人だ。

f:id:mikawakougei:20210103003118j:plain

 

昨日と同様冷たい風が吹き、拝殿内は寒い。いつか冷暖房完備にしたいものだ。(笑)

厄年の男女が祢宜様からお祓いを受けた後、なおらいの儀を行う。

 

今回も社務所へ移動せず、拝殿内で簡略化して行った。

お神酒を頂く。いいなぁ、この雰囲気!

f:id:mikawakougei:20210103004016j:plain

 

最後の言葉をと、いきなり祢宜様から振られて、何も準備していなかった僕は少々焦ったが、PTA会長をやっていた経験が幸いして、とっさに皆さんの今年一年が無事に過ごせますように祈念しますと切り抜けた。

 

おさがりはここでは頂かずに持ち帰った。