館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

展示台コンセント工事

こんにちは。

 

巨大万華鏡スフィアの横にある展示台にコンセントを付ける。

ここにはガラスのカエルが泳ぐ「シンクロナイズドスイミング」やステンドグラスの駅舎といった作品が展示してあるが、これらは全て光ったり照明されたり動いたりするので電源が必要だ。

これまで電源を一つのコンセントから延長コードでそれぞれの作品に配電していた。

だから電線がごちゃごちゃしていてすっきりした展示とは言えなかった。

きょうはテーブル用のコンセントを設置して配線をスッキリさせよう。

 

展示物をすべておろして作業開始。

f:id:mikawakougei:20210414050625j:plain

 

展示台に指定された形状の穴を明ける。

f:id:mikawakougei:20210414050734j:plain

 

そこへ埋め込み型コンセントを取り付ける。

f:id:mikawakougei:20210414050935j:plain

 

取り付けたコンセントは全部で5個。これで展示台の上を余計な電線が這わずにすっきりする。

f:id:mikawakougei:20210414051059j:plain

 

どうです?かなりきれいになったでしょ?

なんとか夜明け前に終えることができた。(笑)

f:id:mikawakougei:20210414051233j:plain

 

現在、毎日のように美術館閉館後にアップグレードの作業をしている。

なぜか?

VR動画配信のためである。少しでもきれいに見て欲しいからなのだ。

 

この動画は世界に向けて配信する。