読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

可愛い珍客と、まるでラピュタ?

こんにちは。

まったく、なんでこ~暑いの(怒)!

僕は夏が嫌い!敢えて言うなら大っ嫌い!子供の頃は夏休みや、海水浴があって夏は好きだったけど、こんなきちがいじみた暑さではなかった。

今は花火やお盆など楽しいことを差し引いても嫌いだ。 でも冬も嫌いだ。風邪引くから。

 

そんなきょうであったが嬉しいことが二つあった。

一つ目は可愛い珍客が現れたのだ。 イタチだ。

前にも教室の前をよこぎるのを見たことはあるのだが、こんな昼間に長時間、教室前のパーゴラで遊ぶ姿を見るのは初めてだ。

f:id:mikawakougei:20160824011609j:plain 

 

パーゴラの中にある植栽のカエルでも捕まえているのだろうか?最近、ここのカエルがめっきり減った。

教室の窓ガラスは熱反射ガラスを使っているので外から見ると鏡のようになり、教室の中が見えにくくなっている。そのためか、ガラスの内側でカメラを構えている僕のすぐそばまでやってきた。 僕に気付かないでいるようだ。

f:id:mikawakougei:20160824012156j:plain

 

絶えずせわしなく動き回り、なかなかカメラに収めることが出来なかった。

但し、イタチは見た目の可愛らしさとは裏腹に、獰猛な性格らしいのでそっとしておくことにする。

 

 

もう一つは夏の風物詩の一つ「入道雲」だ。

カミさんが「ちょっと見て見て!」と教室に駆け込んできた。

「凄い入道雲が出てるよ!写真に撮って撮って!」

 

外に出てみるとなるほど、巨大な入道雲が次々とやってくる。

写真では実感がわきにくいかも知れないが、遠い空の彼方にそびえたつ巨大な入道雲。

f:id:mikawakougei:20160824012815j:plain

入道雲はじっと見つめているとゆっくりではあるが、刻々と形を変えているのが分かる。微速度撮影すればモクモクと湧き上がる姿を見ることができただろう。

f:id:mikawakougei:20160824012945j:plain

雲は西から東へ流れていく。

この雲を見ていて宮崎駿監督のアニメ、「ラピュタ」が姿を現す前の雲を思い出した。

f:id:mikawakougei:20160824013017j:plain

いや~、迫力満点である。

f:id:mikawakougei:20160824013040j:plain

 

ラジオによれば、東三河地方に大雨洪水注意報が出ているそうだ。東三河と言えばこの雲の行き先方向にある豊橋方面だ。

 

水瓶の上で降って欲しいものだね。

この入道雲たちも夕方近くになると、あたかも霧が晴れるかのように、みるみる分解、消滅してしまった。

 

しばし、暑さも忘れて眺めた天空のスペクタクルだった。

ステンド教室 ステンドミラー

こんにちは。

きょうは火曜ステンド教室の日。先ほど生徒さんがお一人、作品を完成させた。

きょうの作品はステンドグラスで縁取った鏡。

f:id:mikawakougei:20160823121325j:plain

 

作ったのはSZさん。教室に入ってもうじき2年の生徒さんだ。

 

SZさんはフラダンスもたしなむアクティブウーマン、何事にも積極的な方だ。

先日はご主人の還暦祝いにメモリアルボトルを注文してくださって、ご主人にたいそう喜ばれたそうだ。

今回、この作品を見てご主人はどんな反応をしてくれるだろうか?

1971 マスタングマッハ1 エンジンOH5 エンジン分解3

マスタング レストア

こんにちは。

エンジンの分解はきょうで一区切りです。

こちらは取り外したオリジナルのスターター。今のモーターと違って随分でかい。但し、このスターターはオーバーホール後は使えない。何故かというと今回シリンダーヘッドをアルミ製のスーパーコブラジェットに変更する。圧縮比がオリジナルよりも更に上がり、(多分11.5:1位) オリジナルのスターターでは回転力が足らないからだ。

f:id:mikawakougei:20160822031115j:plain

 

オリジナルのC6トランスミッション。スターターの先端部にあるギヤがエンジンのクランクシャフトに直結されるフライホイルに刻まれた歯車に噛み合ってエンジンを回すというわけだ。

左下の丸い出っ張り部分にスターターが取り付く。

f:id:mikawakougei:20160822042409j:plain

 

エンジンから取り外したボルト類。レストアしていると沢山のボルト類を外すことになる。形も似ているものが多く、しっかり区別しておかないと紛失する。

右下のケースにあるのはプッシュロッドとバルブリフター。これらは性能の良い新品に交換するので使わない。

f:id:mikawakougei:20160822042630j:plain

 

シリンダーボア(円筒の内面)には爪がわずかに引っ掛かる程度の段差が出来ている。ピストンの上死点のあたりだ。

新品のエンジンにはもちろんこんな段差は存在しないが、長い間の使用で、オイルで潤滑されているとはいえ、ピストンリングとシリンダーの摺動摩擦で摩耗したのだ。

東和さん曰く、「このクルマの走行距離6万キロはウソじゃないと思うよ。ボアの減り方から見てそんなもんだろう。」

f:id:mikawakougei:20160822043734j:plain

 

つまり、オドメーターは1回転していないってことだ。(16万キロではないということ)

 

もちろん、シリンダーはボーリングし直して、ボアはピカピカに研磨する。

ステンドのクラシックカー

こんにちは。

 

きょうは土曜ステンド教室の日。お一人作品の完成があった。

製作したのは土曜教室唯一の男性、御年73歳のSMさんだ。この作品を作り始めてかれこれ1年にはなる。

お孫さんへのプレゼントとして作り始めたのだが、作っていくうちに、型が合わないことが分かってきた。

当教室には沢山のステンド作品集と型があり、その中から好みの作品を選んで作る生徒さんが多いのだが、時々不完全な型がある。

多くは、アメリカから輸入した作品集で、個人が書いている作品集も多い。その中には結構適当に作っている作品も見受けられる。

 

さて、その作品はなんとクラシックカー

f:id:mikawakougei:20160821003642j:plain

 

T型フォードのようだが、かなり省略してある。

はっきり言って少々製作は難しい。 もともとの作品写真にはホイールハウスや、窓の仕切りなどもあったのだが、なかなか思うように製作できずに、変更を余儀なくされたようだ。

特に、アーチ型のホイールハウスは真鍮平板を曲げて作るらしく、製作困難ということで割愛してしまった。

f:id:mikawakougei:20160821004624j:plain

 

それでも、モーターとギヤが付いていて、電池でちゃんと走ることが出来る。

製作期間が長いために自然発生したハンダの錆や汚れも、見ようによってはクラシックカーだけに自然さを与えている。

 

これを見たらお孫さん、どんな顔をするだろう。(笑)

秋の「街のふれあい教室」第二弾 バーナーワークdeアクセサリー

こんにちは。

街のふれあい教室のもう一つのお題目をご披露しよう。

バーナーワーク de アクセサリーと題し、当館の人気体験メニューの中からバーナーワークを選び、涼しげなチョーカーを作っていただきます。

f:id:mikawakougei:20160820031601j:plain

 

バーナーワークとは、ガスバーナーを使って色のガラス棒を融かし、ステンレス棒にガラスを巻き付けてトンボ玉を作ったり、ドロップ形を作るガラス工芸だ。

 

まず、ガラス棒を選ぶ。

f:id:mikawakougei:20160820032015j:plain

 

ガスバーナーでガラス棒の先端をあぶり、融かす。

目の前でガラスが溶けていく様は非日常で感動的だ。この融けたガラスを離型剤を塗ったステンレス棒に巻きつけていくのだ。

この楽しさはやってみないと分からない。時間の経つのを忘れるほどだ。

f:id:mikawakougei:20160820032225j:plain

 

ガラス球に模様を入れるのはこちらの細引きという細いガラス棒で行う。

f:id:mikawakougei:20160820031918j:plain

 

何個か作ったら、その中でいいと思うものを選んでアクセサリーにする。

f:id:mikawakougei:20160820032652j:plain

 

出来たのがこちら。

f:id:mikawakougei:20160820033058j:plain

 

出来合いの玉を使うのではなく、全て自分で作った、まさしく世界に一つだけの完全オリジナルだ。

 

いびつだってかまわない。これは自分だけのものなんだ。♡♡

 

秋の「街のふれあい教室」 メモリアルボトル

こんにちは。

毎年春と秋の2回開催される「西尾 街のふれあい教室」。

毎回、頭を悩ませるその題材であるが、今回はちょっと趣向を変えて「ボトル彫刻」を扱ってみることにした。

ここ2~3年、ずっとステンドグラスが続いていたからちょっとマンネリ感もあった。

 

さて、今回はうちでも人気のあるボトル彫刻。注文は常時受け付けているが、うちではお酒が販売できないため、どうしても持ち込み頂くか、酒店様とタイアップしないとビジネスとしてはやりにくい面があったのだ。

 

そこで、ならばいっそのこととばかりに、ボトル持ち込みをしてもらってふれあい教室でオリジナルボトルを作って貰おうという企画なのだ。日本酒であろうが焼酎であろうが、なんだったらビール瓶だって構わない。

f:id:mikawakougei:20160819002457j:plain

 

さて、その作り方だが、当然のことであるが、お酒のボトルを用意する。

ボトルは中身が入っていようが、空瓶であろうがどちらでも構わない。ただ、あまり球面のきついボトルはマスクシートがシワになって貼れないため、彫刻には適さない。

 

まず、ボトルの表面を拭いてから、マスキングシートを貼り付ける。この時、マスクシートはお酒のラベルには貼らない方がいい。マスクを剥がすときラベルが破れることがある。

f:id:mikawakougei:20160819003007j:plain

 

マスクシートの上から彫りたい文字を貼る。この文字は手書きでもプリントした活字でも構わない。ただし紙は薄い方がカットしやすい。

f:id:mikawakougei:20160819003211j:plain

 

続いて文字のカット。腕の見せ所だ。このカットが綺麗でないと仕上がりもそれなりになる。

f:id:mikawakougei:20160819002457j:plain

 

カットが終わったら文字以外の全ての部分をビニールシートや紙テープなどで養生(砂がボトルに当たらないように隠すこと)をする。

f:id:mikawakougei:20160819003834j:plain

 

いよいよ彫刻。サンドプラスターに入れて研磨剤を吹き付ける。(この作業は美術館スタッフが行います)

ブラストが終わり、文字が彫られたボトル表面。

f:id:mikawakougei:20160819004009j:plain

 

ここからがサンドブラスト体験ではできないところ。文字を色付けする。

今回はゴージャスなゴールドにした。マスクシートの上からゴールドをスプレーする。

f:id:mikawakougei:20160819004308j:plain

 

これで完了だ。ここまでの作業は、彫刻とスプレー以外は全て参加者自身が行います。

このまま持ち帰り、翌日マスクシートを全て剥がして貰うと完成となる。

 

オリジナルボトル、メモリアルボトルにどうぞ。

1971 マスタングマッハ1 エンジンOH4 エンジン分解2

マスタング レストア

こんにちは。

きょうは夜中の12時を過ぎたというのに趣味の部屋、倉庫内は30度を下回らない。外でも恐らく28~29度だろう。全くどうかしている。この暑さ。

クーラーの無い倉庫では何もできやしない。

 

話をエンジン分解に戻そう。こちらはオイルパンを外し、エンジンを逆さまにしたところ。エンジンのいろんな素性が見えてくる。

f:id:mikawakougei:20160818001309j:plain

 

冷却水の導入口は比較的綺麗だが、ここからヘドロ等を高圧洗浄する。導入口の右に逆さに429エンジンのコード「J1」が見える。

f:id:mikawakougei:20160818001747j:plain

 

太いクランクシャフト。正確なパーツ名は知らないが、クランクシャフトの軸を保持する「クランクシャフトホルダー」は強大なパワーを受け止めるために4本のボルトでエンジンブロックに固定される。これがCJ(コブラジェットエンジン)の特徴で通常の429エンジンはこのボルトが2本で固定される。

軸受けはボールベアリングではなく、シートメタルベアリングだ。

f:id:mikawakougei:20160818003616j:plain

 

取り外したパーツ。ピストンの上にあるのが「クランクシャフトホルダー」だ。

f:id:mikawakougei:20160818004253j:plain

 

ホルダーのシートメタル。スラスト方向の力を受けるベアリングだ。表面のメッキが摩滅して下地の銅が見えている。

f:id:mikawakougei:20160818010247j:plain

 

直径が11センチあるピストン。

f:id:mikawakougei:20160818005335j:plain

 

ピストンの表面を見ると細かな縦線が見える。この縦線はオーバーヒートなどでピストンの油膜が途切れた時に付くそうで、東和さんに言わせると、「少なくとも1回はオーバーヒートをやらかしている」そうだ。

 f:id:mikawakougei:20160818005830j:plain

 

東和さん曰く。

こうして分解するだけで、この車の履歴が垣間見えるそうだ。