館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

スマートウォッチ入門

こんにちは。

 

実は3か月ほど前、安物のスマートウォッチを購入した。息子の影響だ。

息子は社会人だが今どきの青年らしく、ITに強い。パソコンで動画を編集したりYouTubeに投稿したりしている。

息子のスマホはiPhoneXで、アップルウォッチと同期させている。

僕も息子のススメでiPhoneXSにしたが、さすがに高価なアップルウォッチは買えない。そこでアマゾンで4000円を切る安価なスマートウォッチを購入した。

f:id:mikawakougei:20190720040220j:plain

 

この3か月間、時計と血圧計、心拍数を測るのに使っていたが、アプリをダウンロードすればもっと便利に使える。だけど設定が面倒なので今日までアプリを使わずにいたのだ。

 

今回思い切ってダウンロード、15分ほどかけて設定した。

 

使ってみるとなかなか面白い。いろんなデータはスマートフォンで見るのだが、万歩計や心拍数、カロリーの消費量などが分かる。睡眠の質まで分かるのだ。

f:id:mikawakougei:20190720040340p:plain

 

僕の昨日の睡眠は6時間しか眠れなかったが、睡眠の質は「非常に良い」と出た。

f:id:mikawakougei:20190720040710p:plain

 

最近、よく眠れないというカミさんに見せたら「これいいねー。」ということになった。だからカミさんにも一つ買ってやるつもりだ。

将来的にはスマートウォッチが体の異常を見つけて警告してくれたり、万一の時は救急車を呼んでくれたりするようになれば突然死は劇的に減るだろうな。

 

最近思うことがある。

 

安価な高機能商品をかの国に任せていないで、今こそ日本も低価格で勝負できる高機能商品を作る努力をすべきなんじゃないかと。

このままじゃダメだよ、ニッポン。

SBSラジオ

こんにちは。

 

きょうは一日中雨。鬱陶しい天気ですが、ラジオ番組に出演しました。

と言っても電話による出演です。

f:id:mikawakougei:20190719031041j:plain

 

電話によるラジオ番組への出演はこれまでにも何度かありましたが、自分の住む愛知県外のラジオ局は初めてです。

今回のラジオ局はSBSラジオ静岡放送です。

f:id:mikawakougei:20190719031303p:plain

 

二村豊人さんがパーソナリティーを務める「聴くディラン」というコーナーでドライブでお勧めの観光スポットを紹介するものです。

二村さんの質問に僕が答える形で進められました。

提供は三菱自動車さん。

 

5分の短い出演でしたがスタンバイの時は心臓バクバクでした。(笑)

でも、本番が始まったらうまく答えられたと思います。^ ^

スターフライヤー機内誌

こんにちは。

 

今年は今までになく取材が多いです。きょうの取材はスターフライヤーの機内誌。

株式会社スターフライヤー北九州港に本拠地を置く比較的新しい航空会社です。

 

これまでは旅行雑誌や観光情報誌の取材がほとんどでしたが、飛行機の機内誌に載るのは初めて。

こちらは見本で頂いた機内誌。旅雑誌ほどもあるページ数と洗練された内容のコンテンツが見る人の知的好奇心を刺激します。

f:id:mikawakougei:20190718040848j:plain

 

当館が扱われるのが「デザインのある光景」のコーナー。見開き2ページを使った大きな写真です。

因みに下の写真は台湾の龍山寺。素晴らしく手の込んだ彫刻で装飾されたお堂はデザインというよりもアートと言うべき。

f:id:mikawakougei:20190718042420j:plain

 

どういう形であれ、当館がこのコーナーで紹介されるということはとても光栄なことです。

 

実は今月の末、プロモーションビデオの取材撮影が予定されています。

中部国際空港セントレア国土交通省中部運輸局の主催で海外向け観光PR動画の製作をするそうです。

内容はセントレアからレンタカーで行ける観光地を外国人に紹介するというもの。

 

くしくも今年の当館の目標である「マルチリンガルでインバウンド(外国人観光客)を狙え!」のスローガンにぴったり合致するものです。

 

ここへ来て当館を取り巻く風が少し変わってきた気がします。

これはいよいよ本腰を入れて多言語化に取り組まなくてはなりません。

1971 マスタングマッハ1 リヤクロスメンバーの修正

こんにちは。

 

取り外したリヤクロスメンバー。スポットを外す際に変形したフランジ面を修正する。

f:id:mikawakougei:20190713033753j:plain

 

右リヤフレームとの接続部。ゆがんだフランジに当て金としてSS41のフラットバーを当てる。

f:id:mikawakougei:20190717041554j:plain

 

ハンマーで叩いてフラットにする。

f:id:mikawakougei:20190717041841j:plain

 

同じく左側。

f:id:mikawakougei:20190717042000j:plain

 

叩いて平らにする。ただ、叩いているわけではない。ちゃんと左右の寸法を守ったうえだ。

f:id:mikawakougei:20190717042043j:plain

 

修正したリヤクロスメンバーを再び元に戻す。調整をするためだ。

f:id:mikawakougei:20190717042456j:plain

 

ここからがリヤフレームの修正だ。

雨の祝日

こんにちは。

 

きょうは3連休の最終日、「海の日」だ。

たいてい連休の最終日は明日からの仕事に備えて帰宅準備が始まるので客足は引くことが多い。

だけどきょうもたくさんのお客様があった。

雨のお陰だろう。

 

暴風雨や土砂降りはさすがに客足も遠のくが、曇りや少々の雨なら晴れの日よりも多いことがある。

聞くところによると、プールや海水浴場など、水にかかわる施設は客が激減しているらしい。梅雨の長雨と気温が低いことが災いしているようだ。

当館はインドアなので雨天時は逆に客足が増える傾向にあるのだ。

 

当館も正規の駐車場が満車になり、本来駐車場ではない倉庫の前に整然と並んだ車の列。誰が最初に停めたか分からないが、ラインもないのに整然とお行儀よく駐車している。

f:id:mikawakougei:20190716045155j:plain

 

文句のつけようがありません。(笑)

ウインブルドンテニス男子シングルス日本人初優勝!

こんにちは。

 

テニスの4大大会の一つ、ウインブルドンオープンテニスの男子シングルスジュニアの部で日本人が史上初の優勝を果たした。16歳の望月慎太郎君だ。

これはとてつもなく凄いことなのだ。

f:id:mikawakougei:20190715042553j:plain

 

今、のりにのっている錦織圭選手やかつての名プレーヤー松岡修造さんですらウインブルドンの最高成績はベストエイト、準々決勝どまりだ。これだって凄いことだけど。

優勝インタビューも大人びていて素晴らしかった。

 

実は僕も若い一時期テニスに夢中になっていた。20代中ごろのことだ。テニススクールに通いながらスピン打法を練習した。

当時は史上まれにみるテニスブームで、ジミー・コナーズ、ビョン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドルといったスター選手がいて、テレビでも「スーパーテニス」という番組まであったほどだ。

 

僕は中でもビョン・ボルグに憧れた。

独特のスタイルのダブルハンドのバックハンドにフォアはすさまじい破壊力のトップスピンが武器だった。

f:id:mikawakougei:20190715043415j:plain

 

トップスピンとはテニスボールに順回転を与える打法。大きく弧を描いた弾道とバウンドした後に高く跳ね上がるのが特徴で、とても打ち返しにくい球なのだ。

トップスピンは、当時、流行語のようにテニス界を席巻した。

 

だから僕もボルグと同じバックハンドは両手(ダブルハンド)で打ち、フォアはラケットを高く振り上げるトップスピン打法だった。

f:id:mikawakougei:20190715044009j:plain(ボルグとマッケンロー)

 

話が逸れたが、当時は日本人選手は4大大会の予選すら勝てない技量だったので、ウインブルドンの試合で日本人がテレビに出るなど考えられなかったのだ。

 

それほど望月君は凄いのだ。

東海ウォーカーさんのお陰かも?

こんにちは。

 

このところお客様の入りが多い。

この7月に発売された旅雑誌、東海ウォーカー ごほうびLife の影響かもしれない。

 

雑誌はテレビと違って影響の出かたが緩やかであるけれど、その分効果は長続きする。

今回はモデルさんとカメラマンが良かった。

モデル料の高いモデルさんらしいが、笑顔はとびきり素敵だ。

表情が柔らかく自然で、本当に楽しそうだ。

f:id:mikawakougei:20190707025753j:plain

 

あまりにステキな人だったので、館内の掲示用写真を一枚撮らせてもらえないかと頼んだのだが、彼女の答えはこうだった。

「私個人的には全然構わないのですが、展示用となると事務所を通していただかないと難しいです。ゴメンナサイ。」

謝る事など無いのだが、「ヤミ営業」はしないという固い信念だ。立派だ。

 

記念写真なら構いませんよということで1枚撮らせていただいた。

f:id:mikawakougei:20190714043656j:plain

 

またいつか、来てください。^ ^