館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 ファストバックライン

こんにちは。

 

実はオリジナルのルーフとレプロのクォーターパネルのラインがきれいに合わない。

レプロの方が2mmほど高いのだ。

ファストバックのルーフからテールに流れる直線に近いラインはこの年式のマスタングの最も美しい造形の一つだ。

ここがきれいに流れないとマッハ1の美しさが損なわれる。よって滑らかに合うようにする。

修正箇所⑤番の部分だ。

f:id:mikawakougei:20180113030447j:plain

 

原因はレプロのフランジが高すぎることらしい。ここを修正する。

f:id:mikawakougei:20180120040159j:plain

 

修正の前に元の高さを型紙に記録しておく。

f:id:mikawakougei:20180120040310j:plain

 

修正は板金用ハンマーと当て金で行う。B部は元よりも1.5mmくらい低くなった。

f:id:mikawakougei:20180120040655j:plain

 

低くしすぎてもダメなので何度も装着を繰り返しながら叩く。

f:id:mikawakougei:20180120040927j:plain

 

装着して平ハンマーで叩いているところ。レプロに傷が付かないようにフィルムを当てて叩いている。

f:id:mikawakougei:20180120041116j:plain

 

木を当ててチェック。これならいいだろう。

f:id:mikawakougei:20180120041526j:plain

 

きれいに仕上げるにはただただ根気だ。

ジオラマ再開

こんにちは。

 

月の鏡が終了してきょうからジオラマの踏切警報機製作を再開した。

先日のFM愛知の取材で今年中に展示しますと言っちゃったからね。嘘にならないよう頑張らないと。

 

去年10月の末以来だからちょっと作り方を忘れかけている。

とにかく細かい作業なので手が震えてうまくLEDの位置決めができない。べつに中気な訳じゃないんだけどね。

f:id:mikawakougei:20180119032119j:plain

 

全部で14個作る。その後は踏切遮断機だ。

 

頑張るぞ~!

おっせ~ iPhone

こんにちは。

 

僕はケータイ、スマートフォンを持ち歩くのが嫌いで、外出時以外はたいてい机の上に置きっぱなしである。その外出時だって忘れることしばしば。

どこに置いたかも時々忘れるので自分のスマホに電話をかけ、呼び出し音を鳴らして見つけることはしょっちゅうだ。

片時もスマホを離さない今どきの若者とは大違いだ。

 

僕のスマホはだいぶ前のiPhoneだ。外出時の電話かメールのやり取りくらいにしか使わないから買った後にダウンロードするアプリなど何一つ入っていない。

初めの頃は珍しさも手伝ってsiriと会話もしてみたが人間と話した方が楽しいので今は全く使っていない。

f:id:mikawakougei:20180118033454j:plain

 

べつに自慢することではないが、こんな具合なので何も遅くなるような負荷はかかっていないはずなのに

最近すんげ~おっせ~。

 

メールに返信するだけなのに画面が切り替わるのに3~5秒かかる。起動なんて30秒かかるしとにかく何かにつけて遅い。

 

ちょっと前にアメリカでアップルが機種変更をしてもらうために古い機種を故意に遅くしているという記事があった。お金にがめついアップルならやりかねないことだ。

 

以前、考えたことがある。

コンピューターウイルスが蔓延して一番儲かるのは‥、セキュリティーソフト会社。だからもしかしてセキュリティーソフト会社がウイルスを作る。

 

学校の窓ガラスを割るのは不良少年ではなくもしかしてガラス屋。

 

もちろんこれはジョークてあって実際にはそんなことは無いだろうが、それを実際にやってしまったのがアップルだ。

 

もしかして僕のiPhoneが遅くなったのもそのせいか?

写真コーナー背景 LED取付け完了

こんにちは。

 

きょうも暖かく、風のない穏やかな日だった。

午前は火曜ステンド教室だったが午後からはこのチャンスを逃してはなるまいと、屋根瓦のシーラー塗装をした。

シーラー塗装が2時間ほどで終わって教室に帰ると月の鏡のLED取付けにかかる。あと少しだ。

 

我ながらよく頑張るなぁと思うけど若い頃と違って結構きついよ。

 

結局全てLEDを取り付け終わったのは夜中の2時だった。途中、レストア作業はしたけどね。

都合12日かかった計算だ。1週間では終わらなかった。

f:id:mikawakougei:20180117033648j:plain

 

まだ裏側しかお見せできないがLEDを点灯するとこんな感じ。

300個のLEDが点灯する表側はどんなだろう。

f:id:mikawakougei:20180117033916j:plain

 

完成したらお見せしよう。

 

それにしても背中と腰が痛い。ちょっと重症だわ。

 

筋肉落ちてんなぁ。腹は出てきたのに。

FM愛知 藤木由貴さん

こんにちは。

 

きょうは久しぶりに風のない穏やかな日。

こういう仕事をしていると、有名人や芸能人に会う機会が時々ある。

きょうは休館日だが取材をお受けした。

 

FM愛知のラジオ番組で毎週日曜日、午後3時55分から放送の安城電機 presents 藤木由貴のPROJECT-Fというタイトルでタレントの藤木由貴さんが様々な話題を取材しレポートするという番組。

 

僕はこの取材依頼があるまで藤木由貴というタレントさんのことは知らなかったが、せっかく取材に来てくれるのだからどんなタレントさんか調べてみた。

 

「史上最高にかわいいレースクイーン」と言われているそうで、モデル、レースクイーンをはじめプレイボーイ誌のグラビアを飾ったこともあるという。

ネットで画像を検索するとレースクイーンの衣装や水着姿などが沢山アップされている。

 

レースクイーングラビアモデルと言えばなんとなくお色気で売っているタレントというイメージを抱くものだが、実際の藤木さんは爽やかで屈託のないフツーの女の子だった。但し、とびきり可愛らしい。

カミさんも真面目そうな子だね、と言っていた。

f:id:mikawakougei:20180116032843j:plain

 

巨大万華鏡スフィアの中でツーショットをお願いした。

f:id:mikawakougei:20180116033206j:plain

 

これぞ役得である。だから基本的に取材は断らないことにしている。

 

藤木さんには今の自分を変えないで欲しいということと、お色気ではなく爽やかな素のままで行って欲しいなと思う。

 

藤木さん、きょうはありがとうね。

 

放送は2月4日。

1971 マスタングマッハ1 クォーターパネルの修正 ルーフ角度

こんにちは。

 

ルーフからリヤガラスに至るラインのクォーターに流れる角度がオリジナルと違っている。

ここはクォーターパネルとルーフの接続部分だがオリジナルから採った型紙をレプロ当ててみるとご覧の通り角度が違う。わずかなことだと笑ってはいけない。こういう誤差が積み重なって全体の印象が変わってくるものなのだ。

f:id:mikawakougei:20180115024439j:plain

 

さて、どうしたものか。叩いて直るようなシロモノではないし、叩けば打痕が残る。

 

あれこれ検討した結果、木型で修正を試みる。

まず、どれくらいの開きで修正できそうか図に描いてみる。図の角度は…、そんなもん、勘でしかない。これが外れたらまた作り直すだけだ。

f:id:mikawakougei:20180115025115j:plain

 

型紙を元に木型を削りだす。まずはオス型だ。

f:id:mikawakougei:20180115025313j:plain

 

続いてメス型を作る。

太い角材に型紙を写し取る。

f:id:mikawakougei:20180115025516j:plain

 

のこぎりで切り込みを入れる。切り込みはちょっと浅めにしておく。切りすぎてはダメだ。

f:id:mikawakougei:20180115025625j:plain

 

続いてノミを使い肉を落としていく。

f:id:mikawakougei:20180115025816j:plain

 

サンドペーパーで曲線を仕上げる。

f:id:mikawakougei:20180115025931j:plain

 

オスメス揃った木型。

f:id:mikawakougei:20180115030032j:plain

 

これでレプロの修正箇所を締め上げるのだ。ただし、一気に締め上げてはいけない。締め上げては取り外して曲がり具合を見る‥、を繰り返しながら慎重に曲げていく。

f:id:mikawakougei:20180115030252j:plain

 

裏側だ。

f:id:mikawakougei:20180115030559j:plain

 

こちらが締め上げ前。型紙の端っこで2mmくらいの隙間が空いている。

f:id:mikawakougei:20180115030817j:plain

 

締め上げ修正後。ごくわずかにオリジナルよりも角度が開き気味になった。

これでヨシだ。

f:id:mikawakougei:20180115031103j:plain

 

プロの板金屋さんはここまでしてくれるだろうか。

土曜教室と月の鏡

こんにちは。

 

ここのところ寒い日が続いて屋根の塗装も倉庫の作業もできずにいる。その分美術館の作品作りは進んでいる。

 

幸いなことに僕には通勤が無い。昨日の信越線雪の立ち往生の乗客の皆さんにはホントに気の毒だったと思う。

聞くところによれば運転手さんは一人で除雪に走り回っていたそうだし、乗客の皆さんは交代で席を譲り合っていたそうだ。

素晴らしいなぁと思う。

これがどこかの国だったら運転手は乗客をほったらかして逃げてしまうだろうし、乗客は大声を上げての喧嘩が始まるんじゃないかと思ってしまう。

日本人っていいなぁ。

 

さて、話がそれたがきょうはステンド教室の日。土曜夜のTDさんが年越しの作品を完成させた。ちっちゃめのあんどんである。

f:id:mikawakougei:20180114031425j:plain

 

本来は上下逆のデザインなのだがTDさんは安定させるため逆さまにした。和洋が入り混じったデザインだ。

 

写真コーナー背景の「月の鏡」はLEDの取付け残り49個となった。

きょうは教室が朝晩とあって思うようにはかどらなかったが、来週には多分展示できる。

f:id:mikawakougei:20180114031945j:plain

 

毎日があっという間に過ぎていくんだ。