館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

ジオラマの設計変更

こんにちは。

 

先日作った街灯をジオラマの街に取り付けるために、設計変更をする必要がでてきた。

ジオラマを設計した当初は家の庭園灯やポーチの灯りはあったが街灯という概念が無かったのだ。

今では大通りはもちろんのこと、僕が住んでいる郊外の片田舎でさえ防犯目的の街灯がいたるところに設置され、夜中道路を照らしている。

お陰で星などほとんど見えなくなってしまった。

 

当初はジオラマベース(机状の木製台)に低発泡の硬めの発泡スチロールを敷いてそこに建物や樹木を配置しようと考えていた。

発泡スチロールなら簡単に切り抜き穴が明けられるし、樹木模型は挿すだけで立つ。

ところが街灯を立てるとなると柔らかすぎてすぐに傾いたり抜けたりする恐れがある。従って街灯を立てる部分だけ木に置き換えるのだ。

 

僕が作った特製のスチロールカッター。ふところが深いので幅の広いものが切れる。

僕はこのために大小3つのスチロールカッターを作った。

f:id:mikawakougei:20170628032318j:plain

 

スチロールカッターはニクロム線にテンション(張力)をかけ、電気を流すだけの単純なものだ。熱でスチロールを溶かして切るわけだ。電源にはACアダプターを使う。

10センチのニクロム線で3ボルトくらいが適当だろう。だから20センチなら6ボルトとなる。ニクロム線が赤くなるようでは電圧高すぎ。

木やステンレス定規などをガイドにすると真っすぐ切れる。

f:id:mikawakougei:20170628032835j:plain

 

切り抜いたところへ角材を接着する。

f:id:mikawakougei:20170628033404j:plain

 

この角材に穴を明けて取り付ければ街灯は傾く心配はない。

f:id:mikawakougei:20170628033924j:plain

 

結構手間がかかるが仕方ない。

 

アートとはそういうものだ。

その向こうにお客様の笑顔が見えるから。

梅雨の季節の風物詩 もうじき終わり

こんにちは。

 

きょう、思ったより早く庭師さんが来てくれた。

会社の植木剪定に一週間くらいかかると言っていたが、応援が来てくれたおかげで予定よりだいぶ早く終わったとのことだった。

きょうは大将が槙の木と女将さんがサツキの植え込みを刈り込んでくれた。

 

今はユニックの先端にゴンドラを付けて作業ができるので、三脚よりもうんと速く、安全に、しかも丁寧な仕事が出来るようになった。

f:id:mikawakougei:20170627030651j:plain

 

この二本の槙はどちらも神谷花苗園さんからお嫁に来た槙だ。

娘を手入れしているような気分だろうか。(笑)

f:id:mikawakougei:20170627031205j:plain

 

実はちょっと気がかりなことがある。

大将はこの10年ほどでずいぶん小さくなった。身長が4~5センチ縮んだそうだ。

もともと小柄な人だったが今はカミさんよりも小さい。仕事が難儀なのだろうか?

もっとカルシウムを、小魚や牛乳を飲むといいよと申し上げた。

 

作業は明日、半日ほどですべて終了するそうだ。

あのチョキチョキという刈り込みばさみの音がしばらく聴けないかと思うとちょっぴり寂しい。

 

次は来年だ。

GUNミュージアム ガラス拭き

こんにちは。

 

きょうは雨の日曜日ということもあり、大勢の体験、観覧客で賑わった。お陰で僕もカミさんも接客、指導に大わらわで昼食も満足に摂れないほど頑張った。

 

こんな日はショーケースは手垢と埃だらけである。

3階のガンミュージアムに行く。

 

ガラスを拭き終わって久しぶりにガンたちをしみじみ見る。

このガンミュージアムのガンは、ガラス美術館を開設するにあたり買い集めたものだ。展示数は200丁ほど。

 

f:id:mikawakougei:20170626032556j:plain

 

なぜ、ガラス美術館に鉄砲があるの?とよく聞かれるが、これはガラスに興味のない男性のために開設したものだ。つまり家族サービスに駆り出されたお父さんたちのためだ。

このガンミュージアムも現在製作中のジオラマが完成すれば展示終了となる。

 

今回は展示品のガンを2,3紹介しよう。買い集めた2000年当時は当たり前に買えたものばかりだが、今となってはほとんど入手困難な希少品ばかりである。

 

タニオコバ USPタクティカルユニット

僕がタニオコバで買った最初のモデル。タクティカルユニットをつけたこのモデルはフルオート射撃の出来るもので、最初に試射した時は度肝を抜かれた。

重いうえにスライドが激しく連続ブローバックするショックは豪快そのものだった。

f:id:mikawakougei:20170626035017j:plain

 

亜鉛ダイキャスト製のタクティカルユニット。重量感は相当なもので、こんなガンは二度と表れないだろう。

このガンは僕がスライドをFeスーパーで塗装、その後サイドをボッシュしてブルーイングしたものだ。リアル感満点だろ。

f:id:mikawakougei:20170626040533j:plain

 

 

コクサイといえばリボルバーだが、こちらはグリーンガス(CO2)を使ったガスガン。

S&W M29 4インチモデルだ。鉄色の「アイアンブライト」スプレーを塗って磨いてある。(上)

f:id:mikawakougei:20170626041532j:plain

 

同じくM29の6インチ。こちらはFeスプレーを塗ってポリッシュ、ブルーイングしてある。Feは仕上げが難しく、なかなかきれいに仕上がらない。

f:id:mikawakougei:20170626042451j:plain

 

希少なコクサイのガスピストル。ブローバックはしないが仕上げの美しさはピカイチである。

f:id:mikawakougei:20170626043505j:plain

 

つや消しシルバーとヘアラインシルバーの美しい仕上げ。手作業で仕上げているのだろう。

f:id:mikawakougei:20170626043638j:plain

 

今思えば、当時のエアガン、モデルガン業界は活気にあふれていて、実に華やかで楽しいものであった。

 

今は昔である。

1971 マスタングマッハ1 クォーター内防錆塗装

こんにちは。

 

錆取りをしたら錆防止塗装はできるだけ早い方がいい。その後の溶接作業などで二度手間三度手間になることは多々あるが、やむを得ない。

取りあえず塗った方が良い。

 

最初に塗るのは染めQの「必殺錆封じ」だ。この錆防止剤はシャビシャビの液体で浸透性が良く、鉄板の合わせ面など、錆取りが不可能な場所にもある程度浸透してくれるのでやらないよりはずっといい。

世の中には「染めQは信用できない。必殺錆封じでは錆は止められない。」とおっしゃるブロガーさんもあるようだが、それはその人の考え方なので仕方ない。

僕はいろいろ実験したうえで、この「必殺錆封じ」は気に入っている。というよりほかに替わるものが無い。

f:id:mikawakougei:20170625033144j:plain

 

ブラスト面が錆封じを塗って光沢が出ている。ホイールハウスの後ろはこれから作業するので未処理だ。

f:id:mikawakougei:20170625033329j:plain

 

 

「必殺錆封じ」自体は塗膜が薄いので、これだけでは錆防止としては不十分だ。なので同じく染めQの「パワー防錆」を上塗りする。エポキシ系防錆塗料である。

f:id:mikawakougei:20170625033922j:plain

 

ただし、このパワー防錆、必殺錆封じとは相性が難しいので十分時間を空けてから塗装する。さもないと化学反応して発泡する。

密着は良好だ。

f:id:mikawakougei:20170625034558j:plain

 

サービスホールを利用してシェルの内側も塗装する。

f:id:mikawakougei:20170625034708j:plain

 

ホイルハウス上の箱の中もノズルが入りさえすれば塗装する。

f:id:mikawakougei:20170625034859j:plain

クォーターウインドウの裏側も。

f:id:mikawakougei:20170625035015j:plain

 

錆防止に対する並々ならぬこだわりを感じていただけるだろうか。

1971 マスタングマッハ1 クォーター内錆取りブラスト

こんにちは。

 

クォーターポスト表板を取り付ける前に、クォーターパネル内の錆をサンドブラストで取り除くことにした。

ディスクサンダーでは完全に取れないからである。

 

クォーターシェルにプラダンを使って密閉箱を作り、排気ダクトを取り付けた。

f:id:mikawakougei:20170624031222j:plain

 

所々にガラス窓を設けて内部が見えるようにする。

f:id:mikawakougei:20170624031514j:plain

 

ブラストを始めると透明だったビニールシートはたちまち真っ白になる。

f:id:mikawakougei:20170624032529j:plain

 

途中で中が全く見えなくなるため、ガラス窓を交換したり、ビニルシートを張り直したりして仕上がりの確認をする。

f:id:mikawakougei:20170624032639j:plain

 

どんなに丁寧に養生しても砂(研磨剤)はありとあらゆるところに入り込み、漏れて床は砂だらけになる。

f:id:mikawakougei:20170624033105j:plain

 

だけど苦労の甲斐会って錆はほぼ完ぺきに取れた。

f:id:mikawakougei:20170624033854j:plain

 

ディスクサンダーではこうはいかない。

f:id:mikawakougei:20170624034006j:plain

 

組み合わさった箱の内部もこの通り。

f:id:mikawakougei:20170624034146j:plain

 

どうしてもノズルが届かない隅の方に取りきれない錆が若干残っているが、こういう時こそ「必殺錆封じ」の出番だ。

この程度なら「必殺錆封じ」で固めることができる。

f:id:mikawakougei:20170624034435j:plain

 

錆予防には徹底的にこだわる。

 

街灯製作完了

こんにちは。

 

きょうは昨日に引き続き、街灯のLED配線をした。

使うのは1.6X0.8ミリのチップLED。物が小さいのでハンダ付けも一苦労だ。

模型用のハーネスのビニル被覆を剥きとり、9本あるうちの1本を使って配線する。1本の径は多分0.2ミリくらいだ。裸眼では見えないので強めの老眼鏡をかけて作業する。

f:id:mikawakougei:20170623030118j:plain

 

エポキシで肉盛りしてランプカバーにする。

f:id:mikawakougei:20170623031017j:plain

 

今回作ったのは17本。以前作った24本を含めると合計41本になる。

f:id:mikawakougei:20170623031221j:plain

 

これだけあれば街中に立てても十分だろう。

 

 

作業中うっかりLEDを床に落とすことがある。そんな時、探すのが大変だ。

以前、30分以上這いつくばって探しても見つからなかったことがある。それほど小さいのだ。

 

このジオラマを作り始めた14年ほど前には想像だにしなかった光源だ。

技術の進歩に感謝。

 

明日からジオラマの街に取り付ける作業を始める予定だ。

 

梅雨の季節の風物詩 庭木の剪定2017

こんにちは。

 

庭木の剪定がひとまず終了。さっぱりときれいになった。

 

ショップ前の一本松。今はスキスキのように見えるが夏ごろには葉が程よく伸びて一番美しくなる。

f:id:mikawakougei:20170622032932j:plain

 

植え込みのサツキは花の咲かない早乙女という品種で自家製。葉が細かく上品なのだ。

f:id:mikawakougei:20170622033242j:plain

 

芽の残し方。今でもよくわからない。

サラリーマン時代は休日がはっきりしていたので今の時期は自分で芽摘みをやった。カミさんも手伝ってくれたのだ。

f:id:mikawakougei:20170622033559j:plain

 

 

僕達の芽摘みは新芽を全て根元から摘み取るやり方だった。

春に肥料をどっさりやって松に勢を付けておいてこれをやると、秋に「秋芽」が沢山出てくる。この芽は葉があまり長くならないのでそれはそれは綺麗な松になるのだ。

福地の庭師さんの中で、バブル時代、このやり方の松を沢山生産している庭師さんがあった。その畑を見に行くと実に見事なもので、まるで足立美術館の庭園松のようだった。

 

松の売れない昨今、この庭師さんは松の生産をやめてしまった。

 

門かぶりの松。かぶっていないけど。(笑)

f:id:mikawakougei:20170622034750j:plain

 

鶴の松。葉が短く、一番品の良い素性の松。

f:id:mikawakougei:20170622034923j:plain

 

門かぶりの槙。花苗園さんの畑にあったのを僕が一目ぼれして買った木だ。この木を見ると亡くなられた先代の大将を思い出す。

f:id:mikawakougei:20170622035157j:plain

f:id:mikawakougei:20170622035444j:plain

 

池庭の縁にあるイスの木。このあたりではひょんの木ともいう。葉にいぼのようなふくらみができることからこの名が付いたようだ。

この木は買ったものではなく、僕が生まれる前からあった雑木で、株立ちの樹形が面白かったので庭を作る時に伐採をやめて今の場所に植え直した。

f:id:mikawakougei:20170622035537j:plain

 

恐らく僕のおじいさんが買った槙だ。子供の頃にあった庭に植えられていたものだ。

樹形が美しいので気に入っている。

f:id:mikawakougei:20170622040158j:plain

 

勝手に生えたネムノキ。夏には優しい日陰を作り、小鳥たちがやってくる。

f:id:mikawakougei:20170622042157j:plain

 

ひとまずと初めに書いたのは、実はまだ剪定は完全には終わっていないからである。

まだ槙の木と横庭が残っているらしい。

明日からトヨタ系の会社の植え込みの剪定が入っていて1週間くらい来れないということだった。

 

暑い時期だ。無理しないでやってもらえればそれでいい。