読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

1971 マスタングマッハ1 右クォーターポスト裏板修復2

マスタング レストア

こんにちは。

 

前回に続き裏板の修復をする。今回は裏板正面の広い部分。

まずはパッチの形を決める。

f:id:mikawakougei:20161210031454j:plain

 

丸棒を当て金にしてR曲げをする。スリットがあるのは3次曲面だからである。

f:id:mikawakougei:20161210031559j:plain

 

酷いクレーターのショルダー部分。サンドブラストで錆の塊を除去すると地金はこのありさまだ。

f:id:mikawakougei:20161210031954j:plain

 

先人の下手な修理で変形した中央部を切り取ってオリジナルの曲面を正確にコピーする。

f:id:mikawakougei:20161210032600j:plain

 

パッチの形状に合わせてオリジナルをカット。合わせてみる。

f:id:mikawakougei:20161210033035j:plain

 

タック(点)溶接で位置決め。

f:id:mikawakougei:20161210033223j:plain

 

シーム溶接後、サンダー掛け。

f:id:mikawakougei:20161210033509j:plain

 

修復完了。表面。

f:id:mikawakougei:20161210034037j:plain

 

裏面。クレーターは溶接肉盛りで埋めた。

f:id:mikawakougei:20161210034154j:plain

 

次は錆止め処理をする。

1971 マスタングマッハ1 右クォーターポスト裏板修復1

マスタング レストア

こんにちは。

 

クォーターポストには重いドアを支えるのと側面衝突に対する耐性を高めるために裏板が溶接されていて、強度を高めている。

ところがこの二重構造が災いして合わせ面に雨水が溜まり、とても錆びやすい構造になってしまっている。

下の写真のように表板と裏板の間に雨水が入り、腐食で無くなってしまっている。(矢印)

f:id:mikawakougei:20161209024431j:plain

 

外してみると表板との合わせ面は無数のクレーターでボロボロ。

f:id:mikawakougei:20161209025249j:plain

 

最初に欠損部分のパッチを作る。 鉄の丸棒を当て金にしてオリジナルと同様の曲げアールにする。

f:id:mikawakougei:20161209025630j:plain

 

オリジナルに忠実にカーブを出す。

f:id:mikawakougei:20161209025921j:plain

 

実車に宛がってみて、表板との干渉が無いか確かめる。 これならOK。

f:id:mikawakougei:20161209030500j:plain

 

曲げの切り割りを溶接で繋げていく。溶接していくと収縮でカーブが変わってくるので叩いて修正しながら仕上げていく。

f:id:mikawakougei:20161209030830j:plain

 

パッチを必要な形にトリミングし、裏板に止める。色がグレーなのは「メタルレディー」処理をしているからである。

f:id:mikawakougei:20161209031029j:plain

 

パッチ全体をシーム溶接。

f:id:mikawakougei:20161209031329j:plain

 

続いて正面合わせ面のパッチを作る。

のどかな一日 ジョウビタキ

こんにちは。

 

きょうは午後からお客様が少なく(年末は多くない)、比較的暖かかったことから陽が傾いたころになってカミさんはプランターの花を植え替えはじめた。

f:id:mikawakougei:20161208000941j:plain

 

この時期は庭がセピア色に染まっていくため、色目のものが欲しくてカミさんはプランターに花を欠かさない。

きょうは土を入れ替え、パンジーを植えた。

f:id:mikawakougei:20161208001233j:plain

 

今ではいろんな品種のパンジーが出回っている。橙の可憐な花だ。

f:id:mikawakougei:20161208001424j:plain

 

さて、裏の畑のミカンの木に野鳥除けのネットを張った。もちろん完全に覆えるわけではないが、甘みが増すまで鳥に食べられては困る。多少は鳥の分だが。

f:id:mikawakougei:20161208001811j:plain

 

地面には甘みを増すために日光反射の為のシルバーシートを敷いた。

f:id:mikawakougei:20161208001938j:plain

 

すると近くで見慣れない鳥を見つけた。スズメではない。雑草の生えた地面で何やらついばんでいる。 おまえ、なんていうの?

f:id:mikawakougei:20161208002221j:plain

 

僕がカメラを持ち出して近くに寄ってもあまり逃げようとしない。小鳥までの距離は3~4メートルくらい。 スズメなら人の姿を見ただけで逃げるというのに。

だけどチョコチョコとすばしっこい。よく見るとお腹が橙色で可愛い顔をしている。

f:id:mikawakougei:20161208002443j:plain

 

フェンスから出てきたところを撮った。丸々と太っていて愛嬌のある顔だ。翼に白い斑点がある。

f:id:mikawakougei:20161208002701j:plain

 

インターネットで調べてみたがなかなかわからない。オスとメスで色が違うため探すのに手間取ったのだ。

どうやらジョウビタキのメスで渡り鳥らしい。

オイオイ、鳥インフルなんぞにかかるでないぞ。

 

我が家にはいろんな野鳥がやってきて居ながらにしてバードウオッチングを楽しめる。

娘のウェルカムボード ステンド完成

こんにちは。

 

娘の結婚式まであと10日ほど。ウェルカムボードのステンドグラスが完成した。

ここまでほとんど娘自身が作ってきた。鏡だけはカットが複雑で難しいため僕が切ってやったけど。

 

ハンダ付けが完了したパネルをスチールウールで磨く。パティーナの反応をよくするためである。

f:id:mikawakougei:20161207001611j:plain

 

奇麗に磨きあがったハンダ盛り。

f:id:mikawakougei:20161207002141j:plain

 

磨きあがったら直ちに薬液を塗る。時間を置いてはいけない。表面の酸化が進むからである。 液を塗った瞬間に黒くなる。

f:id:mikawakougei:20161207002255j:plain

 

黒くなったらポリワックスを塗って艶出し、完成だ。

非常に良く出来た作品。デザインも女性らしいしなやかさがある。パクリではなく娘自身のオリジナルだ。

ライン幅も細く均一に仕上がった。ハンダ盛りは僕が少しだけ修正してやった。

f:id:mikawakougei:20161207002407j:plain

 

あとはこれを楕円形の木製フレームに入れる。そして鏡に Welcome の金文字を貼れば完成だ。

 

よくぞ一人でここまで頑張ったものだ。

娘よ。

タウンエースのETC取付け

こんにちは。

 

きょうは休館日。以前から気がかりだったETCを取り付けることにした。以前のタウンエースから取り外したもので、型は相当古いが買わずに済む。

 

お昼少し前に作業にかかったのだが、予想外にてこずった。このテのトラックのキャビンは非常に狭く、満足に寝そべるスペースもない。その上ダッシュパネルは足元の奥の方までカバーしていて裏側がよく見えない。狭くて肘が当たり腕も自由に動かせない。

f:id:mikawakougei:20161206031854j:plain

 

だんだん腹が立ってきた。 最近ちょっと怒りっぽくなったみたいだ。

 

僕は中学、高校と体操部に入っていたので体が柔らかく、こんなの平気だったんだけど、今では辛い。

やることといったら配線を2本、プラスとマイナスにつなぐだけ。そしてアンテナをダッシュボードに配置するだけだ。

 

僕の尊敬する整備士、東和さんはあと数年で70歳になるというのに今も現役で車にもぐっている。スゴイ!

東和さんに頼んだら、「アホ! 自分でやらんかい!」って言われそうだ。

 

電源はシガライターの裏から取ることにした。

不機嫌な僕を見かねたカミさんが、「何か手伝うことある?」と聞く。

「いい。なんもない。」と、僕。

 

結局作業が終わったのは3時半。正味3時間半もかかってしまった。

f:id:mikawakougei:20161206033554j:plain

 

くそっ!予定が狂ったワイ。

1971 マスタングマッハ1 右クォーターポストの修復4

マスタング レストア

こんにちは。

 

パッチが出来たのでクォーターポストの下部に取り付ける。

f:id:mikawakougei:20161205005516j:plain

 

取付けは板金用のクランプと自作の蝶ボルトファスナーだ。蝶ボルトファスナーとはM5の蝶ボルトのネジ部分を薄く1~1.5mm幅に削ったもので、1ミリから1.5ミリの隙間の鉄板を固定できるというものだ。

クランプが入らないような遠い所や狭い所をクランプするのに都合がよい。

f:id:mikawakougei:20161205005641j:plain

 

それではこの状態から溶接をしていく。

f:id:mikawakougei:20161205010044j:plain

 

僕はまだまだ溶接は不慣れなので裏側までしっかり溶け込んでいないことがある。 そのためトーチの入る場所なら裏側からも溶接することにしている。

f:id:mikawakougei:20161205010151j:plain

 

これなら完璧だ。

f:id:mikawakougei:20161205010417j:plain

 

サンダーで仕上げる。どうしても溶接痕(アンダーカット)を無くすことができない。匠ならきっと完全にアンダーカットなしにできるのだろうけど。

f:id:mikawakougei:20161205010602j:plain

 

裏側も裏板が来るため肉盛りを平たんに削っておく。

f:id:mikawakougei:20161205010842j:plain

 

オリジナルにできた錆によるクレーターも肉盛りで補修しておく。

肉が薄くなっているのでうっかり溶接するとすぐに穴が明いてしまう。

 

慎重に、慎重に。

裏の畑のミカンの木 そろそろ収穫かな?

こんにちは。

 

我が家の畑(といっても何も耕作してないが)のミカンの木がいよいよ熟していい色になってきた。

先日、カミさんが一つもぎ取って食してみたら「まあまあ甘かった」と言っていた。

f:id:mikawakougei:20161204003009j:plain

 

うちのミカンの木も世間でいう木熟ミカンか?実が色づいても収穫せずに木に付けたまま熟している。

紀州の木熟ミカンは年明けに収穫するそうだが、うちのはそろそろ収穫しないと野鳥がつつき始めた。

f:id:mikawakougei:20161204003105j:plain

 

一年おきだけど、こんなふうに豊作になるのでお歳暮と一緒に遠くの親戚に送ったりしている。

おもたそ~。

f:id:mikawakougei:20161204003232j:plain

 

無農薬の有機栽培だ。(笑) 農薬や除草剤はもちろん、肥料すらやっていない、ほったらかしの手間いらず。柿の木の枯葉や雑草が腐って天然の肥料になっている。

 

f:id:mikawakougei:20161204003846j:plain

 

 

鈴なりのミカンが面白くて写真に撮った。