館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

秋祭り 2019

こんにちは。

 

きのうまでの予報では土曜は雨だったのだが、曇り空ではあったものの雨は降らずに一日持ちこたえた。

 

準備は朝8時から幟や社殿の飾りつけなどを行った。

毎年行っている幟立てだが、飾りつけや組み立てをいつもながら忘れてしまっている。

うる覚えなので、ここらでマニュアルを作った方がいいかも。(^^ゞ

f:id:mikawakougei:20190922033220j:plain

 

ちょっと竹が長すぎたかなぁ。

f:id:mikawakougei:20190922033434j:plain

 

小さな社殿だが、町民に愛されている。僕も子供の頃、ここでよく遊んだ。

社殿右横の社務所建物にシロアリが入ってしまった。できれば建て替えたいところ。

f:id:mikawakougei:20190922033545j:plain

 

お祭りのメインイベント、抽選会とビンゴゲーム。町民にはあらかじめ番号の入った抽選券が配られている。

今年の抽選会1等はディズニーランドのペア入場券だ。ただし新幹線代は含まれていない。(笑)

f:id:mikawakougei:20190922033958j:plain

 

境内にはあふれんばかりの人だかり。子供たちの姿が多い。嬉しいことだ。

多くの子供たちが、ここ15年以内に富山町に転入してきたご家庭の子供たちだが、彼らにとってはここが生まれ育った故郷になる。

f:id:mikawakougei:20190922034323j:plain

 

彼らにとって愛おしい故郷にするのは僕らの仕事だ。

 

来年はもっといいお祭りにしよう。

歯科定期健診

こんにちは。

 

僕は定期的に歯科検診を行っている。

子供の頃は歯磨きをしないことが多く、虫歯だらけだった。そのため大人になってから何本か抜く羽目になった。

その後、インプラントという自分の歯のように使える夢のような治療法が出来た。これを使えば入れ歯をしなくて済む。

 

大金を払ってインプラントにしたが、術後一生モノではないことを聞かされた。

大事に大事に使って15年ほど持ったが、ついに炎症を起こし、摘出手術をする羽目に。

あの時の苦しさは生涯忘れないだろう。あんな苦しみを再び味わうくらいなら入れ歯の方がましだ。

だから僕の下の奥歯は部分入れ歯だ。

 

幸い腕のいい歯科医に巡り合えて今では車で40分ほど離れた安城市のS歯科医院にお世話になっている。

今では悪い歯は一本もない。

3か月に一度の歯科検診をしてもらっている。歯周病の検査やプラークの除去など、30分ほどかけて口の中を綺麗にしてもらう。

f:id:mikawakougei:20190921021857j:plain

 

お陰で上の歯は全部自分の歯だ。

8020を達成するために歯を大事にするんだ。♪

マルチリンガルプロジェクト ポルトガル語ナレーター

こんにちは。

 

きょう、マルチリンガルプロジェクトのポルトガル語ナレーターをお願いしにHさんに会いに行った。

Hさんは商工会議所の逸品研究会で知り合ったブラジルの帰国子女だ。

ご両親がブラジルに渡り、ブラジルで生まれ育った。そしてご両親とともに日本に戻ってきた。

日本語は流ちょうだがまだどこか片言が残る。

 

逸品研究会に入会した時のあいさつで、日本に来て一番驚いたことは、夜一人で外を歩けること、と話していた。

ブラジルでは窓は格子窓で、門も玄関も全て鍵をかけ、決して夜は外出しなかったそうだ。

強盗に入られて頭に銃を突き付けられたこともあるという。

 

Hさんは僕の依頼を快諾してくれた。

曲の入ったUSBと原稿を渡し、ナレーションに感情移入をしてほしいことなどを説明。

f:id:mikawakougei:20190912042730j:plain

 

「ワタシ、詩の朗読はじょーずなのよ。♡」

 

これは期待が持てそうだ。^ ^

収録は来月。

敬老会

こんにちは。

 

きょうは西尾市の敬老会があった。

市内の何か所かで同時に行われたようだが、矢田小校区の会場は矢田小学校の体育館だった。

朝9時に各町内会長と女性部は体育館に集合。机や椅子を並べるなどして会場づくりをした。

f:id:mikawakougei:20190919031845j:plain

 

女性部はお土産の記念品詰め合わせを作る。

f:id:mikawakougei:20190919032000j:plain

 

式典はお昼からで、来賓のあいさつの後、保育園児や矢田小児童らによるアトラクションが行われた。

僕ら町内会長はその間欠席した高齢者宅を廻り、記念品を届けなくてはならない。

 

お年寄りの出席率は1~2割程度。それでも会場には200人ほどのお年寄りが参加した。

欠席者の中には「記念品なんかいらん。」という人や「持ってこい。」などと感謝のかけらもないお年寄りもいる。

 

こういうご老人に届ける必要があるのだろうか?という疑問がわいてしまう。

消費税増税対策

こんにちは。

 

いま、消費税増税による価格改定の準備で大わらわだ。

10月から消費税が8%から10%に増税されるに伴い、当館も入館料や体験料を改定します。

一般が700円から720円に、

小学生が450円から460円にそれぞれ上がります。

前回、消費税5%から8%の増税時は値上げせずに頑張りましたが、今回はやむを得ず上げます。

 

それに伴いチケット、リーフレットの日本語版、英語版。ホームページの料金表示、受付けのサインボードの変更、レジの設定など、やらなきゃならないことが山積みだ。

f:id:mikawakougei:20190918031704j:plain

 

うちは軽減税率がないのでまだましだが、飲食関係の小売店では大混乱しているようだ。

だれも望まない増税

高笑いしているのは財務省だけだ。

タトゥー

こんにちは。

 

きょうはタトゥーをしたお客様が何人かいた。

若者を中心にファッションでタトゥーをする人が増えているようだ。

 

タトゥーは違法ではないし本人の自由なのでこちらがとやかく言う筋合いのものでもないのだが、僕らの年代ではタトゥー = 刺青 = ヤクザというイメージがあって、正直なところ見てあまり気持ちのいいものではない。

きょうのお客様の一人は半そでから見える腕の手首まで刺青があって、もろやくざ風の刺青だった。

派手な高級外車でやってきたのでちょっとビビったが、話をしてみるととても紳士的な言葉遣いだったので入館していただいた。もし、やーさんだったら今後どう対応すべきかマニュアルを作らねばならない。

 

僕の想像ではそのお客様はカッコつけた、かたぎの人だと思う。なぜなら本物のやーさんだったら多分刺青は隠す。

 

僕が学生時代アルバイトしていた新聞のトラック運転手の中に、ヤクザの構成員だという人がいて、刺青をしていたらしいが決して人に見せることは無かった。

 

なぜ、こんな話をするかというと、僕が幼い頃の母を思い出したからだ。

 

幼い頃、テレビではポパイというアニメが放送されていて、日曜の夜の数少ない子供向け番組だった。

ある時、遊び友達だった隣のH君がマジックマーカーを持って来た。ポパイの真似をしようというのだ。

H君は僕と自分の二の腕にマジックでいかりの絵を描いた。ポパイの腕と同じように。

f:id:mikawakougei:20190917044513j:plain

 

それを見つけた母が、「一彦!こっちへおいで!」と僕の腕を引っ張った。

母は洗面器に水を入れ、絞った雑巾で僕の腕をごしごしとこすり始めた。

 

かあちゃん、痛いよ。」

「こんなことするんじゃない!」

母は真顔で僕をにらみつけ、いかりのマークを消したのだ。

僕の二の腕は真っ赤にはれ上がっていた。

 

僕はその時、なぜ母がそれほどまでに厳しくするのか理解できなかったが、大人になってヤクザな道に入るんじゃない、という教えだと分かった。

 

母のお陰でそちらの道には入っていない。

明かりの無い夜

こんにちは。

 

千葉県ではいまだに12万戸もの家が停電しているそうだ。

折れた電柱は2000本にも達し、電気の全面復旧には2週間を要すると聞いた。

これは前代未聞のことだ。

停電区域の人たちにとっては耐えがたい苦痛だと思う。

 

クーラーも冷蔵庫も使えない現状は本当に困るが、明かりが無い夜は悪いことばかりでもない。

僕は天文ファンなので暗い夜空は好きだ。

 

僕のいる西尾市は防犯灯やら常夜灯で空が明るくなり、星は数えるほどしか見えない。

 

停電区域の人からしてみれば、「何をのんきなことを言ってるんだ」と叱られるかもしれないが、どうしようもないことなら、いっそ諦めて夜空を見上げてみませんか?

そこにはしばらく忘れかけていた綺麗な星空があるかも。

f:id:mikawakougei:20190916031931j:plain

 

幸いここ二日、めっきり秋めいてきて、夜はうんと過ごしやすくなった。

 

今夜あたり、庭に出て星空を眺めてみもせんか?