館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

雨漏りの原因究明1

こんにちは。

 

以前ショップの天井から雨漏り、8月に真上のバルコニー手すりの笠木をシリコンでシール。直ったかに見えた雨漏りだったが、一昨日の雨でまたショップ入り口に雨漏りが…。

f:id:mikawakougei:20211016010140j:plain

 

シールか所が破れて水漏れしたかと点検するも特に異常は見られない。

笠木とダインコンクリートの隙間からとは考えにくい。横から雨が叩きつけるような吹き降りではなかったからだ。

だとしたらやっぱり防水シートか?

 

積水ハウスのバルコニー床はALC板の上にファイバーマット、その上にDNシートと言われる防水シート、さらにクッションの発泡ゴムマット、仕上げにコンクリート板が敷いてある。

雨漏りするならこのDNシートの破れだ。

 

以前、積水ハウスカスタマに、そろそろ劣化の来るDNシートとシティー瓦の総替えを提案されたが、800万円以上かかると言われ断念。瓦は自分で補強しながら塗装している。

 

だから何とか自分で破れカ所を修理できないか・・?

ところがこの破れを見つけるのは尋常なことではなかった。上からコンクリート板、ゴムマットを剥がさないとDNシートにたどり着けない。

意を決して雨漏りか所の上近辺を剥がしていく。

コンクリート板はお互いにプラブッシュとビスで連結されていて、これがなかなか抜けない。さらに50センチ四方ほどのコンクリート板が・・、重い。

 

外してみると下は泥だらけ。

この一帯はもともと田園地帯で、それが市街化に指定、区画整理事業で20年にわたっ土木工事が行われてきたのだ。

その土ぼこりがコンクリート板の下にたまりにたまっていたのだ。

f:id:mikawakougei:20211016011910j:plain

 

この作業でもうくたくた。脚、膝、腰、肘は痛いし、腕は筋肉痛。体はヘロヘロ。下を向き続けていたせいか首筋が痛い。

 

やっぱり年かな?と感じるこの頃だ。

ガラスのカット

こんにちは。

 

ステンド教室の生徒さんが陥りやすいのがガラスカットの不調だ。

ガラスのカットを何度やっても失敗する。

一所懸命に考えながらやってるんだけど、本人には何がいけないのか分からない。

失敗続きで高価なガラスを屑にしてしまうのはもったいない。

 

ステンドグラス作りの基本はガラスカットだ、と僕は考えている。だから新入りの生徒さんには特にしっかりとガラスカットを練習してもらう。

f:id:mikawakougei:20211015014324j:plain

 

だけど慣れてくるといつの間にか我流が入り、うまく切れないようになる。

そうすると失敗を恐れて大きめに切り、形を整えるのに延々とダイヤモンドルーターで削り続けることになる。これは時間とダイヤモンド代の浪費だ。

 

きょうもなかなかガラスが切れない新人さんに、もう一度ガラスカットの練習をしてもらう。練習は安い透明ガラスで行う。

ガラスカットの失敗の原因はいろいろあるが、一番多いのはカッターの使い方の間違いだ。

下の写真の2本の線。一見同じように見えるが、右はきれいに線の強さ、白さも揃っている。左の線は白さに強弱があり、粉を吹いたようになっているところもある。

f:id:mikawakougei:20211015014504j:plain

 

これをフレッチャーで割ってみると‥、右はきれいに切れたが、左は途中で割れてしまった。

f:id:mikawakougei:20211015014924j:plain

 

原因はカッターの引き方だ。押し付ける力が強ければいいというものではない。

カッターのローラーとカッターの進行方向が揃っていて力も一定だときれいに切れる。

 

これは体で覚えてもらうしかない。

失敗が上手くいくようになると、これが嬉しくてはまるんだ。(笑)

VR動画配信始めました

こんにちは。

 

ついに三河工芸ガラス美術館のVR動画配信が始まりました。

館内、特に目玉の巨大万華鏡スフィアや彫刻鏡の部屋の内部を360度のバーチャルリアリティーで見ると臨場感があります。

これはコロナ禍が始まって世間の行動が制限されるようになった去年の5月ごろ、構想が始まりました。

僕はこれから新型コロナ蔓延によって当分の間は観光業は苦しい環境に立たされるだろうと考えていました。マスコミもそういう空気だったと思います。

特にインバウンド、外国のお客様は激減するだろうと。

 

来られないならどうするか?

こちらから(お客様のところへ映像を持って)出かけていこうと。バーチャルリアリティー(仮想現実)の世界で美術館や巨大万華鏡スフィア、彫刻鏡の部屋のファンタジックな眺めを体験していただこうと考えたのです。

f:id:mikawakougei:20211014015909j:plain

 

映像制作会社は全国から5社を選んで入札、サンプル動画も提供してもらって、最終的に大阪の業者に決定しました。

そしてモデルは義足のモデル、AMANE(海音)さんを起用。

彼女のことはインターネットの記事で知り、困難を乗り越えて敢えて自分の障害を武器に活躍する姿が僕らがこれまで経験した困難やチャレンジしてきたことと重なり、僕はすぐに彼女にオファーを出したのです。

海音さんは快諾してくれました。この時彼女はまだ高校生でした。

 

それからシナリオ作成とシーンの決定。メッセージの発信など、僕の希望を全てスタジオのスタッフと協議しながら進めました。

それがやっと稼働し始めました。

ここまで1年半。長かった。

 

詳しい内容はまたお話しします。

草原貼り

こんにちは。

 

やってみると思った以上に手間がかかる。

トレーシングペーパーで敷地の型を採り、型に従ってジオラマ用の芝クロスをカット、糊で接着していく。接着剤は発泡スチロールを溶かさない専用の糊だ。

こうしてみると航空写真みたい。

緑もいろんな色があったほうがリアルだ。違う色のグリーンも取り寄せてみよう。

f:id:mikawakougei:20211013013551j:plain

 

草原も単に人工芝だけじゃなく、雑草や灌木も植えると面白いだろうな。

楽しみながらも早く仕上げて右岸に入りたい。

 

よしっ!頑張るぞ~。

頑張った休館日

こんにちは。

 

休日になったら何をしようという計画は前日までに立てておいたほうがいい。

休日になると心も休日モードになって、なんとなく過ごしてしまうことが多い。

僕は気になっていた10項目を書き記した。

屋根の足場峰の引っかけ取り付け、和室前の芝刈り、屋根サンド掛け、アルミクリア塗装、倉庫片付け・・・等々。

当然、全部できるとははなから考えていない。できること、大事なことから始めていく。

頑張った甲斐あって、5項目を達成。

 

そういえば昼間、芝山に大きな鳥が来ていた。近くで撮ろうと窓を開けたらどこかへ飛び去って行った。

遠目に見たがくちばしの形からどうやら鴨だ。このあたりはまだ野生が近くにある。^ ^

f:id:mikawakougei:20211012004617j:plain

 

さ、峰の引っかけ取り付けが終わったのでさっさと昨日の続き、和室前の芝刈りを済ませよう。もう、陽がかなり傾いている。

 

秋の日は釣瓶落とし。のことわざ通り、日没前に終えるつもりが、終えたときはすっかり暗くなってしまった。

f:id:mikawakougei:20211012005202j:plain

 

空にはもう月と一番星が。

f:id:mikawakougei:20211012005309j:plain

 

次は芝山だ。

f:id:mikawakougei:20211012005427j:plain

 

明日、明後日は雨のようだ。

f:id:mikawakougei:20211012005531j:plain

 

次は木曜くらいかな。

夜の空

こんにちは。

 

今年は虫の声が少ないような気がする。だけどやっぱり秋。

日中はまだまだ暑いが夜ともなれば心地よい空気に満たされる。

真夜中、空を見上げるとうっすら雲が。

iPhoneのナイトモードで撮ってみる。

夕方のようにも見えるがあたりは真っ暗。でも空には雲が見える。

これは南の空。鱗雲が流れてくるのが分かる。

f:id:mikawakougei:20211011012134j:plain

 

北の空は明るい。雲のたなびき方から南から北へ、海から陸へと流れていくようだ。

f:id:mikawakougei:20211011013433j:plain

 

隣の田んぼは稲刈りが終わって稲の茶色い株だけが見える。

東の空は雲がいっぱい。工場の明かりもきれい。

f:id:mikawakougei:20211011013721j:plain

 

真っ暗な夜もナイトモードで撮ってみると案外面白い。

屋根瓦足場の修理3

こんにちは。

 

きょうは土曜教室の日。朝から9時までフル活動でなかなかハードな日だ。

仕事の合間を見て屋根瓦足場の峰の引っかけ部分を組み立てた。

塗装を2度塗りしたせいか、なかなか乾きが遅く、塗装面同士を重ねるとくっついてしまい、剥がすと下地のベニヤがはがれてしまう始末。

いずれ長くはもちそうにない。

 

そうは言っても残りの瓦をできるだけ早く塗装しなくてはならないので取り付けできるよう組み立てておく。

f:id:mikawakougei:20211010014440j:plain

 

取り付けは明日の閉館後か月曜の休館日にしよう。