読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

ジャージャー麺 初めての料理

こんにちは。

先月の料理教室でジャージャー麺を作った。橋本(息子)先生に

「きょうのジャージャー麺は簡単ですから神谷さんにもすぐ作れますよ。」

と言われた。比較的簡単だったので、教室が終わって僕は

「次の教室までに復習がてら作ってみますよ。」と安請け合いをしてしまった。

 

僕はこの中日料理教室西尾校に通い始めてもうじき1年になる。が、恥ずかしながら実を言うと、まだ一度も教わった料理を作ったことが無い。

だからいつまで経っても料理が身に付かないでいる。

 

カミさんからは「いつになったら作ってくれるの?(笑)」とからかわれるのだが、元来面倒くさがり屋の僕は、いつも「そのうち作ってやっから‥。」と先送りして逃げていたのだ。

 

その「次の教室」が明日だ。カミさんからは「約束したんでしょ。きょう作らないと作る時ないよ。私が食材買ってきてあげるから。」

そこまで言われてやらないわけにはいかない。覚悟を決めて料理にかかる。

 

 

ところがだ。先月は覚えていたはずなのに一月経ったらもう忘れている。

 

まず手始めにネギと生姜のみじん切りを作る。ネギのみじん切りはどうするんだっけ。

「初めに縦に切れ目を入れて、それから横に切るんだよ。」見かねたカミさんが横で指図する。

独りで作るつもりだったが、結局、カミさんと共同作業になった。

僕のみじん切りを見て「上手上手!」とカミさん。持ち上げるのが上手い。

f:id:mikawakougei:20160805040951j:plain

 

続いて肉味噌を作る。カミさんがあらかじめ材料を計量して用意してくれていた。フライパンにオリーブオイルを入れてネギと生姜のみじん切りを炒める。

f:id:mikawakougei:20160805041951j:plain

 

味噌と砂糖、お酒と水、それに豚のひき肉の入れる順番を忘れている。

えぇ~い、みんな入れちゃえ~!

 

中略

 

お皿に麺とキュウリの千切りを盛りつけ、肉味噌をかける。そしてゆで卵を添え、ミニトマトをトッピング。

f:id:mikawakougei:20160805042041j:plain

 

出来上がったのがこちら。

f:id:mikawakougei:20160805042330j:plain

 

初めはカミさんサービスのつもりで、一人で作るはずだったのだが、いつの間にか共同作業に。でも、一緒に厨房に立ってそれはそれで楽しいものだ。

味はってか? サイコーっす。

 

女房はこんなことを毎日毎日やってくれているんだなぁ。頭が下がる思いだ。

 

 

料理教室に行き始めて一番良かったことは、カミさんへの感謝の気持ちが強くなったことだ。