読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

浴室のあったか断熱

こんにちは。

 

きょうは美術館の仕事はそこそこにして午後から我が家の浴室断熱に取り組んだ。

自慢して言う訳じゃないんだが、我が家の浴室は広さが4畳半ほどある。

 

バブル期にTOTOのブローバスに「ブローバスV」という豪華なジェットバスがあった。僕はその開発に携わっていたことから、我が家にどうしてもブローバスVを入れたかったのだ。

そんなわけで広い浴室が必要だったのだ。

 

さて、浴室で最も断熱が悪いのはほかならぬ窓だ。

お風呂に入っていて濡れた手を窓際にかざすと、手から立ち上る湯気が窓側から室内側にたなびくのが見て取れる。

これはガラス窓の内側で冷却された空気がガラス面に沿って降りてきて室内側に流れ込むからだ。

 

まぁ、難しい話は良しとして、お風呂に入るまでが寒いので、窓断熱に取り組んだのだ。

 

ホームセンターに窓断熱用のプッチン(エアーキャップ)が売られているが、僕はもう少し断熱効果が高く、しかもスマートなものにする。

使うのはポリカプラダン。厚さ4ミリで二枚のポリカ板の間に空気層がある。

作業に先立ち窓部をクリーニングし、よく乾燥させる。

f:id:mikawakougei:20161126034736j:plain

 

初めにガラス引き戸用レールを両面テープで接着。

f:id:mikawakougei:20161126034926j:plain

 

一応採寸して図面も描いたが採寸誤差もあるためレールは一本ずつ現物合わせで切っては取り付けていく。 この時期は昼が短く、いつの間にか暗くなってしまった。

f:id:mikawakougei:20161126035351j:plain

 

採寸は当てにならない。サッシの形状は複雑で、しかも窓の造作は傾いていたりする。

寸法通りに切っているつもりでも、すき間が出来たり合わなかったり。

f:id:mikawakougei:20161126035850j:plain

 

なんとかプラダンを取り付けてみた。ポリカは硬く切るのが大変だ。

f:id:mikawakougei:20161126035937j:plain

 

窓の開閉部もプラダンを開閉式にする。浴室乾燥のためだ。

 

続きは明日。