読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

女子高生 体験

こんにちは。

 

きょうは予定通り一色高校の生徒さんたちがガラス体験にやってきた。

毎年この時期になると生活デザイン科の女子生徒さんたちが利用してくれる。

 

天候が心配されたが、良く晴れわたった日本晴れとなった。皆さん自転車やフレンドバスでやってくるので雨が降ると気の毒だ。

 

みんな揃ったところで元気よく挨拶。サンドブラストとステンドグラスの写真立て、ランプに分かれて作業開始。

手前の第一教室がステンド、奥の第二教室がサンドブラストだ。

f:id:mikawakougei:20161018234405j:plain

 

初めは浮足立ってた彼女たちも作業を始めると真剣そのもの。

f:id:mikawakougei:20161018234536j:plain

 

サンドブラストグループもおしゃべりも少なく黙々と作業が進む。

f:id:mikawakougei:20161018234727j:plain

 

これは一色高校2年生の校外学習の一環で行われる体験だ。来年あたり、何か新しいガラス体験を企画してあげようかしら。

 

ともあれ、きょうはぴちぴちの女子高生に囲まれてこちらまで若さをもらった気がする。

今年の春、吉良町のリゾートリンクスで一色高校の同窓会があったが、みんなそれなりにおじさん、おばさんになった。

高校時代にはみよちゃんもれいちゃんもひろちゃんも、可愛くってぴちぴちしてたなぁ‥、なんて、しばらく鼻の下を伸ばして思い出してしまった。

 

あぁ~、あの日に戻りたい。(笑)