読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

なんて日だ!

こんにちは。

 

きょうはまったくうまくいかない。

刈谷市IG様邸向けの「バラとユリ」のステンドグラスを作っているのだが、きょうは失敗続きだ。

ガラスがあらぬ方向に割れたり欠けたりと、思うように切れてくれない。おかげでバケツは失敗の屑ガラスで一杯だ。

f:id:mikawakougei:20170520021241j:plain

 

オプティマムというメーカーのガラスで、派手さは無いもののテクスチャー(表状)が面白く、キラキラしているガラスが多い。このメーカーは廃業したらしいので、あるのは在庫のみだ。

f:id:mikawakougei:20170520021621j:plain

 

テクスチャーは面白いのだが、ご覧の通り断面はデコボコ。

カットは平らな方の面で行うが、素性の良くない個体に当たるとガラスカッターで線を入れている最中に割れてしまうこともある、厄介なガラスだ。

f:id:mikawakougei:20170520022422j:plain

 

しかも切り口はバリだらけになる。バリはカミソリのように鋭く、うっかり触ると切り傷を負う危険なガラスだ。

f:id:mikawakougei:20170520022948j:plain

 

それでも海のイメージにピッタリなので涙をこらえながら切り続けている。

f:id:mikawakougei:20170520023111j:plain

 

何やかや、愚痴を言いつつもあと少しで切り終わる。

f:id:mikawakougei:20170520023356j:plain

 

明日はヤカゲニー社のガラスを切る。これも切りにくいガラスなのだ。

ステンドグラスは往々にして高級なガラスほど切りにくい。

f:id:mikawakougei:20170520023634j:plain

 

ガラスカットにてこずった日はたいてい腰痛になる。

明日の朝は腰痛だ。