読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

ジオラマ 左岸製作3 ベース穴明け。

こんにちは。

はい。ちゃんとやってますよ。ジオラマの左岸製作。

 

スッとは進まないものの、毎日確実に進んでいる。

前回までは建物が当てはまる「スペース」を切り抜いていたのだが、その後、建物の照明用配線の通し穴を明けていたのだ。

これがなかなか手間のかかる作業だった。

配線が楽なように、強度の落ちない範囲でなるべく大きな穴を明けたい。

また、キレイな穴を明けるためには板の裏側に当て板を当てなければならない。さもないと裏側がドリルやホルソーの抜け際にベリベリと破れてしまうからだ。

f:id:mikawakougei:20160804020403j:plain

 

ベースの建物が乗る部分だけでなく、補強板まで大きな穴が明けてある。

f:id:mikawakougei:20160804022925j:plain

 

メインストリートを仮に置いてみた。

f:id:mikawakougei:20160804023530j:plain

 

この上に前回切り抜いた硬質発泡スチロールを敷き詰めていく。

f:id:mikawakougei:20160804023741j:plain

 

あ~ぁ、まだまだ先はなげーなー。