読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

庭萌える2

こんにちは。

 

カミさんが花が好きなので年中庭先に花が絶えることは無いが、この時期は特に色とりどりの花が目を楽しませてくれる。

朝顔にも似ているがなんという花だろう。

f:id:mikawakougei:20170519012117j:plain

 

トイレの前に並べられたプランターには色とりどりのパンジー。男性が興味を示すことはあまりないが、女性や子供さんは喜んでくれる。

f:id:mikawakougei:20170519012307j:plain

 

これはなにかしら?

f:id:mikawakougei:20170519012809j:plain

 

鉢植えで買ってきたマーガレットが種を飛ばし、辺りの庭に勝手に増えだした。

f:id:mikawakougei:20170519013058j:plain

 

庭に目をやると、池庭(枯山水の池)のアヤメが咲き競っている。

f:id:mikawakougei:20170519013340j:plain

 

紫が美しいのでガラスアートの題材にもよくなる花だ。

f:id:mikawakougei:20170519013452j:plain

 

ミュージアムショップ横のネムノキがここ1週間で芽吹き始めた。勝手に生えた木だが、今では大きくなって夏ともなれば優しい木陰を作ってくれる。

f:id:mikawakougei:20170519013627j:plain

 

ミュージアム前のパーゴラにあるヤマボウシの花。梅雨の時期になると真っ白で清楚な花をつける。

f:id:mikawakougei:20170519014215j:plain

 

雨に濡れたヤマボウシ越しに見る景色はしっとり落ち着いて乙なものだ。

f:id:mikawakougei:20170519014840j:plain

 

緑鮮やかな季節が始まる。