館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

想定外

こんにちは。

 

予定通りサンドブラスト団体体験が始まった。

一通りの説明を終え、さらに「細かいカット作業は御免だわという方のために、今回特別にプレカットシートをご用意しました。ご希望の方はお手を上げてください。」

とカミさんが説明するとみんなが一斉に手を挙げた。

( 汗 )

f:id:mikawakougei:20211029012627j:plain

 

プレカットマスクシートを希望の方は多分2~3名、多くても半分くらいだろうと思っていたのだが、なんと希望者は17名中15名。

想定外の事態だった。

希望者にこちらで貼って差し上げようと思っていたカミさんは大慌て。あっちもこっちも声をかけられてパニック状態に。

添乗員さんにも手伝ってもらって何とか間に合わせた。

 

プレカットマスクシートはすでにデザインがカットしてあるので " 体験 " という意味合いでは少し内容が薄れる。

だけど苦労せずにきれいな作品が持ち帰られるとあって、希望者が殺到したのだ。

 

お客様の反応は好評だった。

 

体験のあり方を再考せねばならない。(笑)