館長の気ままな日記

三河工芸ガラス美術館の館長(オーナー) " カズ " こと神谷一彦の勝手気ままな独り言です。

三河工芸の館長が書く日記です

マスタング レストア

サイドモールディング修復2

こんにちは。 サイドモールディングはアルミ製で表面はアルマイト処理が施されている。 表面の細かい傷やくすみは削り取るしかないが、アルマイトは非常に硬く、金属磨きで磨いたところでとても取れるようなものではない。 サンドペーパーで磨けばなんとか取…

サイドモールディング修復1

こんにちは。 マスタングのサイドモールディングを修復する。 サイドモールディングとはサイドウインドウ、つまりドアガラスとその後ろのクォーターガラスのウエザーストリップを取り付けるためのアルミ製枠だ。 サイドビューのドレスアップにも貢献している…

パーキングブレーキインジケーター修復

こんにちは。 パーキングブレーキインジケーターを修復する。 まずは折れた板バネの修復だ。 プラ一体成型の板バネは指で押さえてすぼめ、ダッシュ穴に差し込み、中で開かせることで固定する。 まずは割れたレンズ部分を仮接着する。発泡塩ビ用接着剤を注射…

パーキングブレーキインジケーター

こんにちは。 1971~1973のマスタングドライバー側のダッシュパネルにはパーキングブレーキインジケーターがある。 パーキングブレーキを踏むと(マスタングは運転席側の足元にペダル状のブレーキがある)、ブレーキがかかったまま走り続けないようにインジケ…

C6トランスミッション高圧洗浄

こんにちは。 オリジナルマッハ1に付いていたC6トランスミッションを名古屋の整備工場から引き取ってきた。 僕のマスタングエンジンは燃費向上のため3速ATのC6トランスミッションからオーバードライブ付4速AОDトランスミッションに交換した。 だか…

つまりはこういうことです

こんにちは。 一昨日作ったエンジンミッション棚を設置してみた。 一番下にエンジンミッションを置き、その上に棚をかぶせた。 棚の上にはオリジナルから取り外したハーネスやフロントバランス、プロペラシャフトなどを置く。 ボデーが完成しないことにはエ…

ラムエアユニットの修復4 ダクトの塗装

こんにちは。 ラムエアユニットのダクトを塗装する。 前回までに割れたプラスチックの溶接をしてサンドペーパーで磨き上げた。 その修理跡が分からないように塗装する。 表側はオリジナルと同じつや消し黒だが、内側はチタンシルバーに塗る。塗るのはダクト…

ラムエアユニットの修復3 軸のメッキ

こんにちは。 ラムエアユニットのフラップの軸。たいてい錆び錆だ。 うちのマスタングも例にもれず、かなり錆びていた。 スチールウールでかなり磨きこんだが、どうしても取り切れない。(写真上) 仕方ないから600番くらいの細かいサンドペーパーで磨く。…

ラムエアユニットの修復2 割れの修復

こんにちは。 ラムエアユニットのフラップのあるダクト部分。プラスチック製だが、長年の応力と振動で割れが生じている。 裏から見るとこんな感じ。 ここはボンネットのインテークにはめ込む部分なので接着剤での補修など到底無理。 はめ込んだだけですぐに…

ラムエアユニットの修復1

こんにちは。 マスタングにはラムエアというオプションがある。 ボンネットに装備され、高速走行時にアクセルをドンと踏むとボンネット裏のラムエアダクトにあるフラップがガバッと開いてラム圧により圧縮された空気をキャブレターに送り込むというシステム…

ワイヤリングシステム

こんにちは。 僕はマスタングののレストアをするにあたってワイヤリングシステム(配線)は全て新品に引き直すと書いた。 CJポニーパーツに完全なキットと書いてあったので、それを信じて注文した商品が届いた。 送料が250ドルもかかる重たいキットだ。中…

レンズ磨き

こんにちは。 インスツルメントゲージ(タコメーター、燃料計、スピードメーター)のレンズを磨く。 傷が付いたレンズはいかにも古びてみすぼらしい。 そこでレプロの新品レンズを取り寄せたのだが、どうもこれがイマイチ。 レンズの面粗度が荒く、また、平面…

リヤガラス熱線補修

こんにちは。 今では当たり前のリヤウインドウデフォッガー。リヤガラスにプリントされた熱線のことだ。 マスタングのリヤガラスはレプロが販売されているが、残念ながら熱線入りは未だ発売されていない。だから熱線入りのガラスを付けたければオリジナルを…

ダッシュパネル塗装3 仮組み立て

こんにちは。 ダッシュパネルの塗装が完了したので仮組み立てをしてみる。 左はレプロのインスツルメントベゼル (メーターパネル) 新品である。 右は色分けして塗装したステアリングコラムカバー。 ダッシュベゼル (助手席側パネル) とグローブボックスドア…

ダッシュパネル塗装2

こんにちは。 つや消し黒に塗装したダッシュパネルをマスキングしてツートンにする。 ここからは僕の好みだ。 まずはマスキングしてプラサフを吹く。吹くのはダッシュボードの下部だ。 グローブボックスリッドやヒンジ、ダッシュボードサイドのパネルも塗る…

レプロメーターパネルレンズ磨き

こんにちは。 オリジナルのメーターパネルレンズが傷ついて、その傷取りのために磨いたが、何となく古臭さは否めない。 そこでレプロのレンズでトリップメーターのリセットボタン付きが発売されたので取り寄せた。 一見クリアに見えるが何となくかすんで見え…

ダッシュパネル塗装

こんにちは。 ダッシュパネルからすべての部品を取り外し、旧塗装を剥がす。 剥がすというより削り取る。そのためにサンドブラスターの天井を抜き、プラダンのカバーを継ぎ足す。 そのままではブラスターにダッシュパネルが入らないからである。 カバーの中…

グローブボックスリッドの塗装

こんにちは。 ダッシュパネル塗装の第一弾、グローブボックスリッド(蓋)の塗装を行う。 ダッシュパネル本体からリッドを取り外した。 オリジナル塗装も錆も決してひどくはないが、古臭さは否めない。 プラのトリムパネル、蝶番、キーロックを取り外し、サン…

ダッシュ分解始めました

こんにちは。 ダッシュの分解を始めた。塗装しなおしをするためだ。 ダッシュパネルは室内なのでひどい錆はないが、それでも塗装のいきわたっていないメッキパーツなどは錆が出始めている。 こちらはワイパーウォッシャースイッチとシガーライターのスペーサ…

リヤガラス磨き 完了

こんにちは。 セリウムによるリヤガラス磨きが完了した。 完了というか、ここまでで手を打つという感じ。 正直なところ、傷を完全に取るのは難しい。 4月30日に汚れ落としから始まったセリウム磨きはほぼ毎日2~3時間、休館日は4~5時間磨くこともあ…

メーターパネルレンズ磨き

こんにちは。 名古屋の整備士さんに運転席のメーターパネルを外してもらったら傷が付いてしまった。取り外しの時に誤って傷つけたのだろう。 こういうものは丁寧に取り扱ってもらわないと困るのだが。 古い車なので多少なりとも擦り傷や拭き傷はあるものだが…

メーターのLED照明

こんにちは。 マスタングのメーターの照明が暗いのは有名なところだ。 この時代の旧車に総じて言えるのかもしれないが、それが50年も経ってハーネスも劣化すると内部抵抗が大きくなってただでさえ暗いメーター類(スピードメーター、タコメーターなど)がさ…

やっとか目の趣味 リヤガラス磨き

こんにちは。 VR動画の撮影が終わって一段落。 愛知県が緊急事態宣言下にあって、来館者もさほど多くないため閉館後にはちょっぴり趣味の時間をとる。 やっとか目のレストア作業だ。 きょうはリヤガラスのクリーニングと水垢、傷取りをする。 マスタングの…

寒い日の塗装はやめたほうがいい

こんにちは。 先日、寒い夜にオイルパンの塗装をしたのだがやっぱり良くない。 前にも書いたが、クロムメッキは美しいが、表面には微細なピンホールが無数にあって、これが錆の元になる。 そのため、生鉄板よりも塗料の密着は劣るがクリア塗装をした方が錆に…

塗装ブース張替え完了

こんにちは。 塗装ブースの張り替えが完了して初めての塗装を行う。 最初の塗装はブースをあまり汚さないクリア塗装を選んだ。 今回塗装するのはエンジんをフレームに乗せるインシュレーター・エンジンマウントと、クロム仕上げのオイルパンだ。 オイルパン…

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネル溶接2

こんにちは。 クォーターパネルの溶接が続いている。 こちらはクォーターパネルエクステンションとクォーターパネルを接続するテール部分。 ここはほとんどスポット溶接だ。スポット溶接は作業が速いが、うっかり位置がずれないように時々左右クォーターパネ…

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネル溶接開始

こんにちは。 右クォーターパネルがボデーフレームに組み付けできたので、いよいよ固定のための溶接にかかる。 まず、クォーターウィンドウの後ろ側。プラグ溶接用穴に溶接肉盛りをしていく。 気を付けなくてはいけないのは溶接できた「フリ」をしている肉盛…

塗装ブース張替え2

こんにちは。 いまだにやっている。塗装ブースの張替え。 今までのPPプラダンに代えてポリカプラダンを張る。耐久性、強度、透明度に優れているからだ。 ところがポリカプラダン、硬くて容易にはカッターで切れない。 加工性が良くないので既定の大きさにカ…

1971 マスタングマッハ1 右クォーターパネル取り付け準備5

こんにちは。 前回の記事から二月近く経ってしまった。 今回はいよいよ右クォーターパネル組み付けに入る。 その前にスポット溶接位置など、溶接チップの当たる部分の塗装を剥がしておく。 僕の持っているスポット溶接機は16000Aの出力があることになってい…

4年ぶりのセントレア

こんにちは。 セントレアに貨物を引き取りに行くのは4年ぶりだ。 今回引き取るのはウインドシールドガラス、つまり自動車のフロントガラスだ。 マスタングマッハ1用のガラスで注文先はアメリカのNPD。 見積もりによるとガラス代が162ドルに対し送料が自…